高齢出産を願う

流産・早産の兆候「出血」「お腹の痛み」にはいつも気をつけて

高齢で妊娠をした人は、それまで仕事を頑張ってきた人も多く、少しくらい体調が悪くても我慢してそのまま仕事を続けることが習慣になっている人も多いようです。

しかし、妊娠中はそれまでのような無理は禁物です。

自分自身の体の状態と赤ちゃんの状態をしっかりと把握しておきましょう。

中でも特に気をつけたいのが、「出血」と「お腹の痛み」です。

それぞれの人によって妊娠の状況は異なりますが、次に当てはまるようなら妊娠の経過は順調だといえるでしょう。

・妊婦健診で経過に問題がない。
・不正出血がなく体調もよい。
・体重の増加が適正で血圧も安定している。
・20週を過ぎた頃から胎動を感じる。

逆に次のような場合には注意が必要です。

・休んでも治まらない腹痛がある。
・眠っていても目覚めてしまうような強い腹痛がある。
・膣からの出血がある。
・20週を過ぎても胎動が少ないか、全く感じない。
・血圧の上が140mmHgを超えるか、下が90mmHgを下回る。

出血

妊娠12週までは、少量の場合も含めて、出血を経験することは珍しいことではありませんが、妊娠の経過が順調なら、妊娠12週を過ぎてからの出血はまずありません。

妊娠10週頃までに出血が起こった場合には、初期流産となることもありますが、多くの自然流産は治療で止めることはできません。

受精卵や胎児そのものに問題があるためにうまく育たず流産になるからです。

自分自身の生活習慣や行動に問題があったというわけではないので、自分のことを責めないようにしましょう。

他にも、子宮に血がたまる「絨毛膜下血種」が原因になって出血することがありますが、この場合は、適度な安静を保てば、血種が吸収されて消失していくことが多いです。


お腹の痛み

お腹の痛みは、生理的なもの、切迫流産や切迫早産に関連したもの、子宮筋腫や卵巣嚢腫によるもの、便秘によるものなど、その原因は様々です。

妊娠が進んで行くと、赤ちゃんや胎盤は大きくなっていき、子宮も羊水量が増えて大きくなっていきます。

子宮が大きくなると、生理的に軽い子宮の収縮が起こってお腹が痛くなることがあります。

長時間立っている時などに起こりやすいですが、座ったり横になったりして休んで治まるようなら、あまり心配する必要はありません。

妊娠24週を超えたら

妊娠24週を超えたら、何らかの異常が起こった場合でも、病院で緊急の対応をすれば赤ちゃんの命を助けることが可能になります。

特に、妊娠28週を超えて赤ちゃんの体重が1,000グラムを超えれば、多くの赤ちゃんを後遺症を残すことなく救うことができるといわれています。

胎動が少ないと感じたり、強い痛みや出血があれば、病院を受診しましょう。

お腹の強い痛みや出血は、まれなケースですが、正常な位置にある胎盤が胎児の娩出よりも前に子宮壁から剥がれる「常位胎盤早期剥離」で、母体と胎児、双方の命に関わる緊急事態であることもあります。

常位胎盤早期剥離を予知することは難しいですが、妊娠高血圧症候群、喫煙、子宮内感染などが発症の原因となるといわれています。

お腹の強い痛みや膣からのサラサラした出血が起こったら、すぐに病院を受診しましょう。

緊急の場合でも、帝王切開で母子の命を助けることができます。