高齢出産を願う

赤ちゃんの予防接種の基礎知識

赤ちゃんは、生まれる時にへその緒から免疫をもらっていますが、その免疫も生後6ヵ月ほどでなくなってしまうので、生後2ヵ月頃から予防接種を始めて、免疫をつけていく必要があります。

病気の中には、赤ちゃんが罹りやすい病気、罹ると重篤化しやすい病気や重い後遺症を残してしまう病気などがあります。

予防接種をして、人工的に病原体の毒性を弱めたワクチンを体内にいれることで、病気の免疫をつくるというわけです。

予防接種で病気の流行を防ぐ

予防接種をすることで体内に免疫ができると、病気に罹りにくくなるだけではなく、病気になったとしても軽い症状で済むようになります。

また、予防接種には、周りの人に病気をうつさないようにして、流行を防ぐという目的もあります。

予防接種の中には、聞いたこともないような病気の予防接種もありますが、これらは、予防接種をすることで流行が抑えられているということで、病気が根絶したというわけではありません。

予防接種は、病気の流行を防ぐにはとても重要なものなので、忘れずに接種するようにしましょう。

予防接種は生後2ヵ月から

0歳の時に行う予防接種は、重い感染症から赤ちゃんを守る大切なものばかりで、ワクチンの種類や接種回数も多くなるので、最初が肝心です。

定期接種には、摂取できる期間が短いものもあるので、生後2ヵ月になったら、計画的に接種していくように心がけましょう。

時期的に流行することが分かっているインフルエンザなどは、流行が始まる前に接種をしておきたいものです。

同時接種を上手く活用する

予防接種をするには、病院や保健センターなどに出向いていく必要がありますが、ワクチンには接種間隔もあるので、スケジュールを立ててその都度出向いていくのも結構大変です。

複数のワクチンを一度に摂取できる同時接種を上手く活用していきましょう。

ヒブ感染症、肺炎球菌感染症、百日咳などは、赤ちゃんが罹ると重篤化しやすいので、優先的に接種するようにするといいでしょう。

しっかりとスケジュールを組んで、接種漏れのないようにしましょう。

接種の種類

定期接種

予防接種法で定められている接種で、期間内ならば原則無料で受けることができます。

ヒブ、小児用肺炎球菌(13価)、四種混合(三種混合、ポリオ)、BCG、MR(麻しん風しん混合)、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎、HPV(ヒトパピローマウィルス)

任意接種

積極的に受けたい接種で、多くは全額自己負担ですが、一部に公費助成もあります。

ママがB型肝炎キャリアの場合は、健康保険が適用されます。

ロタリックス、B型肝炎、インフルエンザ、おたふくかぜ、A型肝炎、髄膜炎菌

ワクチンの種類

生ワクチン

病原体を十分に弱めたワクチンです。

軽く感染させることで、病気に罹ったときと同じような免疫力をつけます。

病原体が体内で増えるので、生ワクチンの接種後4週間は、他の予防接種をすることはできません。

不活化ワクチン

病原体を死滅させて、予防に有効な成分を取り出したワクチンです。

病原体が体内で増えないので、免疫力がつくまでには何回かの接種が必要になります。

不活化ワクチンの接種後1週間は、他の予防接種をすることはできません。

トキソイド

病原体の出す毒素だけを取り出して、免疫をつくるのに有効な成分を抽出したワクチンです。

病原体が体内で増えないので、免疫力がつくまでには何回かの接種が必要になります。

トキソイドの接種後1週間は、他の予防接種をすることはできません。

予防接種のスケジュール作りのポイント

1 集団接種から予定に入れる
 日程がずらしにくい集団接種から予定に入れていきましょう。

2 同時接種を活用する
 数種類のワクチンを一度に接種することができます。

3 案内が届いたらすぐに接種する
 接種できる期間が短いものもあるので、できるだけ早く接種しましょう。

4 次の接種までの間隔を確認する
 生ワクチンは、次回の接種までに4週間をあける必要があります。

5 接種の優先順位を決める
 重篤化しやすいものや、季節で流行しやすいものを優先させましょう。

3歳までの予防接種【定期接種】>
3歳までの予防接種【任意接種】>


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする