高齢出産を願う

食物アレルギーに注意して離乳食を進める

人の体には、細菌やウィルスなどの有害物質から体を守る「免疫」という機能が備わっています。

体が、ある特定の食品を有害物質と認識して反応してしまう「免疫の過剰反応」が、食物アレルギーです。

赤ちゃんの消化機能はまだ未熟で、食品に含まれているたんぱく質を上手く分解しきれずに吸収してしまうため、体が異物だと判断してしまうのが原因とされています。

食物アレルギーは、発疹、じんましん、腹痛、息苦しさなどの症状を引き起こしますが、赤ちゃんが成長して、消化機能が発達すると自然に改善されることも多いので、それまでは、アレルギーの原因になる食品を食べるのを一時的に避けるなどして、経過を見守ってみましょう。

自己判断せず医師の診断を受ける

食物アレルギーのような症状が出たからといって、ママの自己判断で特定の食品を制限してしまうのは、あまり好ましいことではありません。

血液検査や皮膚検査のほか、アレルギーの原因となっていると思われる食品を制限する「除去試験」や、その食品を与えて様子をみる「負荷試験」などを行って、診断を確定させてから食品の除去を始めるようにしましょう。

乳幼児の場合は、時間が経てば食べられるようになることも多いので、6ヵ月~1年ごとに検査を受けるようにするといいでしょう。

親にアレルギーの症状があったとしても、それが必ず遺伝するとは限りません。

赤ちゃんのアレルギーが心配な場合は、かかりつけ医に相談しながら離乳食を進めていくようにしましょう。


アレルギーを起こしやすい食品

アレルギーの原因になる物質が、アレルゲンです。

消化機能が未熟な赤ちゃんにとっては、卵、牛乳、小麦などに含まれているたんぱく質は、とても消化に時間がかかり、体が異物だと判断してしまうことがあります。

これらの食材を、赤ちゃんに初めて与える場合には、慎重にしたいものです。

特に、そばやピーナッツなどは、呼吸困難などの重篤な症状を引き起こすこともあるので、十分な注意が必要です。

しかし、アレルギーのリスクがあるからといって、これらの食品を与えないことは、逆に赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

少しずつ様子を見ながら進めていくようにしたいものです。

7大食物アレルゲン

患者数が多く、重篤化しやすい次の7食品は、それらが食品に含まれる場合には、表示するように法律で義務付けられています。

・卵
・牛乳
・小麦
・エビ
・カニ
・ピーナッツ
・そば

その他の気をつけたい食品

次の20食品は、表示が推奨されています。

・アワビ
・イカ
・イクラ
・オレンジ
・カシューナッツ
・キウイフルーツ
・牛肉
・クルミ
・ゴマ
・サケ
・サバ
・大豆
・鶏肉
・バナナ
・豚肉
・マツタケ
・モモ
・山芋
・リンゴ
・ゼラチン

初めての食品は少しずつ

離乳食で初めての食品を与える場合は、少しずつ与えるようにしましょう。

その食品がアレルゲンの場合、たくさん与えてしまうと、かゆみや発疹などの症状が強く出てしまいます。

また、どの食品がアレルギーの原因になっているのかが分かりやすいように、初めて与える食品は、できれば1日1種類にしておきましょう。

さらに、万一アレルギーの症状が出た場合でもすぐに対応できるよう、赤ちゃんに初めての食品を与える時間帯は、病院が開いている午前中や午後の早い時間が望ましいです。

口に入れるのを極端に嫌がるような場合には、アレルギーで口の中がかゆくなっていることも考えられるので、無理に与える必要はありません。

よく加熱する

離乳食で与える全ての食品は、よく加熱してから与えるようにしましょう。

卵、牛乳、大豆などは、加熱することでアレルギーを起こしにくくすることができます。

中でも卵は、固ゆでになるまでしっかりと加熱することで、アレルギーが起こりにくくなると言われています。

ベビーフードとフリージングを活用した離乳食 >