赤ちゃんの成長とお世話【3~4ヵ月】

スポンサーリンク

生後3~4ヵ月すると、体重は出生時の約2倍、身長は10cm程度伸びますが、体重の増加は一段落します。
 
ふっくらとした「赤ちゃん体形」になり、手や足にくびれが現れるようになるのもこの時期の特徴です。
 
首のすわりもしっかりとしてきて、自分の意思で頭を動して興味のある方を見たり、動くものを目で追う「追視」も始まります。
 
視野が広がり、視力もさらに発達していきます。
 
指をしゃぶるのもさかんになり、赤ちゃんによっては、足の指をつかんでしゃぶることもあります。
 
これらの動作は、大脳が発達してきている証拠で、噛んだリなめたりしながら、自分の手や足のことを理解して確認していると言われています。

視力が発達し、ママやパパを認識できるようになる

生後3ヵ月を過ぎる頃には、いつも見ているママやパパを、他の人と区別できるようになります。
 
声もたくさん出るようになり、あやされると声を出して笑ったり、手や足をバタつかせて喜んだりします。
 
首のすわりがしっかりとしてきて、周りを見て興味のある方を見ようとしたり、うつ伏せになった時には、肩から上を自分で支えられるようになります。
 
感情も豊かになってくるので、不安になったり、気に入らないことがあったりすると、泣き方も激しくなります。

授乳リズムが整ってくる

昼に起きている時間や、夜に寝ている時間が、まとまって多くなってくるので、授乳のリズムも整ってきます。
 
授乳回数は1日に5~8回程度、授乳間隔は4~5時間程度になっていきます。
 
ただ、個人差が大きいので、寝る前にたっぷりと飲んで夜にはほとんど起きない子もいれば、夜に何度が起きて授乳が必要になる子もいます。
 
夕方になると「たそがれ泣き」と言われるぐずりを起こす子もいますが、次第に治まっていきます。

お世話の間にリラックスタイムを

この時期の赤ちゃんは、体つきも大分しっかりしてきて、表情も豊かになってきます。
 
ママやパパも、ようやく赤ちゃんとの生活に慣れてくる頃です。
 
赤ちゃんと遊ぶのも楽しくなってきますが、新たに不安や心配、育児の疲れが出てくるのもこの時期には多く見られます。
 
赤ちゃんのお世話に関しては、あまり気を張りすぎず、手を抜けるところは手を抜いて、お世話疲れがひどくならないようにすることも大切です。
 
赤ちゃんがご機嫌で遊んでいる時には、しばらく「ひとり遊び」をさせておいて、ママは一息ついてリラックスを。
 
完全に目を離すことはできませんが、赤ちゃんが見えるところにいれば、別のことをしていても大丈夫です。
 
時々声をかけてあげれば、赤ちゃんも安心して「ひとり遊び」をすることができます。
 
お世話疲れでしんどくならないように、自分なりの「うまい気の抜き方」を見つけて、お世話をするようにしたいですね。

いないいないばあ、おもちゃで脳を育てる

視覚や聴覚が発達してくるこの時期は、外から刺激を与えることで、どんどん学んでいく時期でもあります。
 
好奇心を高めるような遊びを取り入れるようにしてあげましょう。
 
おなじみの「いないいないばあ」は、視覚や聴覚に訴えて、「次はどうなるのかなぁ?」と赤ちゃんの好奇心をそそる遊びだと言われています。
 
「いないいないばあ」の「ばあ!」で、笑ったり喜んだりするのは、相手を認識していて、「いなくなったど、また会えてうれしい!」ということを感じているからだと言います。
 
また、ガラガラや歯がためなど、赤ちゃんが握りやすいおもちゃをたくさん触らせてあげるのも◎です。
 
振れば音が出るおもちゃは、自分が振ったことで音が出たという達成感が得られるので、とても興味を持ちます。
 
好奇心が旺盛になってくるこの時期に、いろいろな刺激を与えてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました