高齢出産を願う

頑張りすぎない離乳食の進め方 小物をそろえて効率的に

我が家では、6ヶ月を過ぎた頃から離乳食をスタートしました。

それまでは完全母乳で育てていて、母乳以外のものは一切あげていませんでした。

離乳食は、ゆっくりと進める

離乳食を苦戦することなく進めることができたのは、始める前から口回りに触れるという行為を、頻繁にしてきたからだと思います。

時にはスプーンを口に付けることもありました。

離乳食を開始したからといって、始めから食べ物を与えることはしませんでした。

我が家では、白湯をスプーンで少量与えるということを最初の数日行って、抵抗がなくなったと判断してから重湯などを与えました。

この時に、赤ちゃんが嫌がる素振りをした時には、無理せずに与えるのを止めました。

赤ちゃんのペースに合わせて、ゆっくりと進めることで、1ヶ月もすると色々な食材を沢山食べてくれるようになったのです。

本やインターネットには様々な情報があってとても参考になりますが、そのとおりに進めるのではなく、赤ちゃんの状態をよく見て進めていくのが、上手くいくコツではないかと思います。


離乳食には、冷凍ストックがとても便利

1回食の頃は1回に食べる量も少ないですし、1日に1回の用意でいいのでそれほど負担には感じません。

でも、2回食、3回食と進んでいくと、食事の用意が大変になってきます。

そんな時に冷凍ストックを用意しておくとスムーズにいくので、お腹を空かせた赤ちゃんを待たす時間も短くなります。

冷凍に向かない食材もあるので、それは気をつけないといけませんが、なるべく早く食べきるということをしっかりと守ればとても便利です。

冷凍したお粥を温める時には、少量のお水をかけてから電子レンジで温めると、美味しく食べることができます。

100円ショップを上手に使って離乳食

赤ちゃん用品は何かとお金がかかります。

そこで私が活用したのが100円ショップでした。

おろし器、茶漉し、すりこぎなど、いろんな小物を100円で購入しました。

小さなまな板も売っていたので、それを離乳食専用として使うことにしました。

赤ちゃん専用にしておけば、衛生面でも安心なのでおすすめです。

おろし器は、野菜をすりおろすのに大変便利です。

硬い野菜などもすりおろすことにより、加熱時間を短縮できるので、離乳食初期から後期までよくやっていました。

ほうれん草などはペラペラしていて食べにくい食材なので、茹でて棒状に冷凍したものをすりおろすと扱いやすくなって、赤ちゃんも食べやすくなります。

完全母乳だったので、サンプルでもらったミルクもよく取り入れていました。

ミルク味にすると赤ちゃんもよく食べ、味のマンネリ解消にもなるのでおすすめです。

食べにくい食材などはとろみをつけてあげると、よく食べるようになるので、試してみてください。