高齢出産を願う

扁桃腺炎 高熱が出る前に体調の変化をよく見て対処

私の子どもは扁桃腺がよく腫れて、小さい時から発熱を繰り返しています。

でも、以前に比べると熱の出る回数が減ってきたので、手術は行わずに様子を見ています。

扁桃腺が原因で発熱を繰り返す

初めて扁桃腺が原因で高熱を出したのは、2歳の時です。

はじめは何の熱なのか分からず、あわてて病院に連れて行きました。

病院ではすぐに扁桃腺炎ということが分かり、抗生剤などを処方され、その時は2日位で熱は治まりましたが、その後、ひどい時には、月に1回くらい発熱するようになりました。

いつ熱が出るか分からないので、常に心配をしていました。


扁桃腺炎で熱を出す前の前兆を発見

扁桃腺炎で熱をよく出すようになってから1年くらい経つと、熱を出す前には、まず体に湿疹が出ることが分かってきました。

もともとアトピーの傾向もあり、発疹は出やすいタイプです。

かゆみが強く、掻きむしって出血をすることもありました。

皮膚科からはステロイド剤ももらっていたので、それで対処しています。

ステロイド剤で対処しているうちに、扁桃腺炎で熱を出す前には、決まって体の湿疹がひどくなる傾向があることに気が付きました。

それに気が付いてからは、あー体調が悪くなる前兆だな、気を付けないとまた熱が出るな、と分かるようになりました。

幸い、熱性けいれんは起こしたことがないので、心配なのは発熱だけです。

でも、子どもが熱を出してしまうと、通園や私の仕事など全てに影響を及ぼしてしまうので、親としては熱を出さないように細心の注意を払っています。

扁桃腺炎の前兆が出始めたら、うがいを頻回にしたり、加湿をしっかりとしたり、外遊びを控えたりするなどして対処します。

うがいも水でうがいをするのではなく、イソジンを使っています。

この前兆が分かるようになってから、私の心構えもできるようになったし、子どもも早めに辛いことを訴えてくれるようになりました。

その結果、熱の出はじめで対処することができるようになり、以前のように高熱を出さずに済むようになってきました。

子供の体の変化に早めに気付く

私の家庭は共働きなので、家族が平日に一緒に過ごす時間は数時間です。

この間は食事をしたり、入浴したり、次の日の準備をしたり、本当に忙しい時間です。

でも、この時間に子供の体の変化に気が付つく必要があるので、以前に比べて子供をよく観察するようになりました。

食欲、入浴時の皮膚の変化、寝つきなど、全てが判断する材料になります。

忙しい中で気付きにも限界がありますが、うちは夫婦で気が付いたことをよく話すようにしています。

自分が気が付かなくても、夫が気付くこともあります。

夫婦でしっかりと子供のことを見て、できるだけ早く子供の体の変化を見つけてあげましょう。