高齢出産を願う

冬に赤ちゃんが突然の高熱! 慌てず対応

長男が1歳2ヶ月の時、12月末で産婦人科も小児科も年末年始の休みにさしかかろうとしているタイミングでまさかの発熱!

しかもいきなりの39℃台です。

高熱の原因に考えられるのは「インフルエンザ」か「突発性発疹」のどちらかだと思いました。

赤ちゃんが高熱を出したら迷わず病院へ

ここで重要なのは「38.5℃以上の発熱は、迷わず、すぐに病院で診てもらう」ということです。

絶対的なラインとして、産婦人科の先生に教えてもらいました。

インフルエンザか突発性発疹か、それとも普通の風邪なのか。

自分では発熱の原因がどれなのか、全く判断がつきません。

急いで小児科併設の産婦人科へ診察に連れて行きました。


病院に行く時は、赤ちゃんが冷えないように

高熱が出ている赤ちゃんは「熱い」「寒い」が表現できません。

この時の我が子は熱で頬が赤かったので、焦ってとっさに「熱いのかも?」なんて思ってしまいました。

でも、季節は「冬」。

しっかり温かい格好で外出するのが賢明です。

我が子はなぜかご機嫌で、グズったり泣いたりせず、普段通りの格好でも良いかな?とも思いましたが、そこは念には念をいれて、ブランケットをさらに掛けて出かけることにしました。

小児科や産婦人科では適温(赤ちゃんにとっては大人が少し熱いと感じるくらいが最適のようです)に暖房設定してあるので、到着してからブランケットを取って抱っこするスタイルで十分でした。

診察時には時系列で症状を報告、既往症もしっかり伝える

突然の高熱にパニックになりましたが、産婦人科について受付で症状を伝えると、最初に発熱外来と言うところに案内されました。

「突発でしょうか」と話し出したところで、先生が「インフルエンザかな~?先に検査をしましょう。」と綿棒のあの検査をササッとしてくれました。

高熱と分かった時の時刻と体温、加えて「今年はまだインフルエンザにかかっていません。突発性発疹もまだやっていません。」と伝えました。

結果、インフルエンザは陰性、「まだ風邪か突発か分からないなぁ」とのことでしたが、インフルエンザが陰性のため解熱剤をためしましょうとのこと。

座薬と飲み薬(風邪用)を処方してもらい「明後日また来てください」と再診の予約をして、診察終了となりました。

再診の日には、お腹にぱぁ~っと発疹が出ていて「はい、突発性発疹でしたね」ということになりました。

冬は、風邪もひきやすく、インフルエンザの可能性もあり、また1歳前後の子どもの場合は、突発性発疹がまだという場合も少なくないと思います。

私は「37.5℃前後の発熱で機嫌が良ければ様子を見る、38.5℃を超えて発熱したら直ちに病院へ」という産院からのアドバイスで対応してきました。

休日等でも、当番医の先生や救急センターにお世話になることも、小さな命を守るためには必要なことです。

普段から、休日や夜間でも診てもらえる病院をチェックしておくことが、とても大切だと感じています。