高齢出産を願う

次女は母乳育児で育てようと思いました

長女が産まれた時、長女は乳首をくわえてくれなかったので、母乳が出ていたにも関わらず母乳育児をすることができませんでした。

乳首をくわえないどころか、ミルクを飲ませるのにも苦労したので、母乳育児のことまで頭が回らなかったのです。

とにかく母乳育児で育てたかった

長女がそういう状況だったので、次女はとにかく母乳育児で頑張って育てようと思いました。

なので、次女が産まれると、病院でも積極的に頑張りました。

母子別室の病院で、希望すれば夜はミルクを与えてくれる病院だったのですが、私は、夜でも赤ちゃんが泣いたらとにかく乳首を吸わせるようにしました。

でも、母乳育児で乳首があんなに痛くなるとは思ってもいませんでした。

真っ赤に腫れてしまって、病院のコンビニで馬油を買って塗る日々が続きました。

馬油を塗って乳頭を保護することで、かなり痛みが治まりました。

母乳をあげるのは誰も変わってくれない

とにかく母乳育児を頑張ろうと思ったわけですが、母乳はお母さんからしか出ないので、どんなに眠くてもお母さんが起きなくてはいけません。

長女の時にはミルクだったので、夜中は夫がミルクをあげてくれましたが、母乳育児の場合はそうはいきません。

夫があげてくれていた楽さを体験しているので、余計に起きるのが辛かったです。

次女は10月生まれで、真夜中に授乳が必要な時期が真冬だったので、起きるのには苦労しました。

私の背中にストーブが当たるようにして、赤ちゃんには当てないように、部屋を暖めて授乳をしていました。

母乳育児のお出かけは身軽

ミルク育児の場合、必ず哺乳瓶、お湯、ミルクを持ち歩かなくてはいけませんが、母乳の場合は必要ありません。

身軽にお出かけができます。

そのためか、よく赤ちゃんのお世話バッグを持ち歩くのを忘れてしまい、オムツがない・・・ということがありました。

ミルクの場合は、ご飯を食べる時も、そのお店で一緒に抱っこしてミルクをあげることができるのですが、母乳の場合はそうはいきません。

授乳ケープに入ってくれる赤ちゃんだったら、その場であげることも可能でしょうが、うちの子は授乳ケープをものすごく嫌がったので、授乳室でないと授乳ができませんでした。

荷物がないのは楽でしたが、母乳をあげるのに一々授乳室に行くのが少し面倒でした。

母乳育児とミルク育児

母乳育児だったから、次女のほうが長女より愛情が増したかというと、そんなことはありませんでした。

長女は長女として、次女は次女として慈しんでいます。

母乳で育てなさいという風潮もあるようですが、母乳育児とミルク育児どちらで育てても子供は同じように可愛いものです。

それぞれの特徴をよく理解して、自分が育てたい方法で育てるのが一番いいのだと思います。

母乳育児とミルク育児の両方の育児を体験して、つくづくそう思いました。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする