高齢出産を願う

我が家の叱らない子育て

我が家では、現在3歳になる娘に対して叱らない子育てを実践しています。

でも、叱らないと言っても、単に甘やかすだけではいけないと思い、いろいろと工夫をしています。

理由を言って褒める

叱らない子育てのもっとも基本となるのが褒めること。

何かできた時や、良いことをした時は、うんと褒めるようにしています。

その時、なぜ褒められたかをよく分かるようにして褒めています。

「偉かったね」「いい子だね」ではなく、「お片付けできたの、偉かったね」「ちゃんとご飯を食べれたの、いい子だね」といった具合です。

すると、ただ褒められただけの時よりも、次回から自発的に行動を起こすようになります。

物で釣るわけではないですが、ご褒美に欲しかったものを買ってあげたり、食べたいものを買ってあげたりもすることも多いです。

褒められると欲しいものが買ってもらえる、食べたいものが買ってもらえるというのは、幼児にも分かりやすいようで、これも自発的に行動するきっかけになっているように思います。


叱らなくてはいけないような時には

叱らない子育てといっても、当然ですが叱らなくてはならないような状況も起こり得ます。

でも、わがままを言った時、危ないことをした時は、すぐに怒るのではなくて、まず説明するようにしています。

例えば、小さなものを口に入れたときなどは、まず「怪我しちゃうよ。」「病院に行かなくちゃいけなくなっちゃうよ。」といったように説明をします。

そして、最後に「もうしないね?」と聞きて、うなずいたり返事をしたら、この時にはまた褒めます。

なかなかそのバランスは難しいですが、できるだけ叱らずに、分からせるように説明しています。

叱らない子育てと親の威厳

私自身もそうでしたが、親というのは子供にとって一番の存在でありたいものです。

親に逆らうなんて考えもしませんでした。

子供にとって親は、一番偉くて、一番怖くて、一番頼れる人、でありたいと思っています。

でも、叱らない子育てだとそれはなかなか難しいことで、甘やかしがちになってしまいます。

そこで我が家では許可という形で親の立場、威厳を教えています。

我が家では「お父さんにやっていいか聞いてみて」「お母さんに買っていいか聞いてごらん」というキーワードが頻出します。

このように許可を得ることによって親としての立場や威厳を保つようにしています。

娘はもちろん「これ買っていい?」などと聞いてきますので「ちゃんと毎日お片付けできる?」などと聞いて、実際にできたらまた褒めるようにしています。

叱らない子育ては、叱らない代わりに褒めるので、親も褒める機会を積極的に作る必要があります。

のびのびと育ってほしいと思うのはどこの親も一緒だと思います。

是非とも素直な良い子に育ってほしいと願っています。