高齢出産を願う

ストレスがたまる子育てには周りの協力が大事

私は25歳の時に、結婚し、27歳と28歳の時に子供を産みました。

子供は現在5歳と3歳です。

理想と現実

私は元々子供が好きではなく、苦手というか、自分自身が子供なので、他人の子供とはどう接していいかわかりませんでした。

でも、自分の子供は欲しくて、ずっと父親がいなかったこともあり、幸せな家族に憧れていました。

結婚してすぐに子作りを始め、1度目は流産してしまったので、1人目の子供ができた時はとても嬉しかったです。

妊娠中は悪阻がひどく、早く赤ちゃんに会いたくて仕方ありませんでした。

出産がゴールだと思っていました。

出産したときは我が子がとてもかわいくて喜びでいっぱいでした。

でも、本当に寝ない子で、一日中抱っこ、おっぱいでストレスがたまってノイローゼになりそうでしたが、断乳までの1年間はたくさんの成長が見られてとてもかわいかったので、息子が1歳になったときに、すぐ二人目を作りました。


兄妹の育児

息子が1歳8ヶ月のときに、娘が産まれました。

息子もまだまだ赤ちゃんで、2歳のイヤイヤ期に入ったうえ、赤ちゃんの世話は大変でした。

でも、お兄ちゃんよりは寝る子だったので、娘なりに気を遣ってくれていたのかなと思います。

お兄ちゃんは今では妹にとても優しいお兄ちゃんで、兄妹とても仲良しです。

でも、仲良く遊んでいる時間と同じくらいケンカもするので、今夏休み中ということもあり、暑い中怒るのがストレスになったりすることもありますが・・・。

息子は小さいときからこだわりが強く、あれじゃなきゃいやだ、これじゃなきゃいやだなどが多く、娘もそれを真似してか、この服じゃなきゃいやだ、パンツ履きたくない、服着たくない、などで毎日イライラ・ストレスの連続でした。

夫や、義両親の助け

そんなイライラしている私ですが、家族にはとても恵まれています。

夫は元々子供が大好きで、子供は何人でも欲しいと言う人なんです。

子供たちが赤ちゃんの頃は、夜寝ないときは、次の日仕事が早いのに私の代わりに抱っこしてくれたり、今もお休みの日は、子供の面倒を見てくれて、私を1人で遊びに行かせてくれてストレスの発散をさせてくれます。

夫の実家もそばにあり、夫の両親も土日子供たちを預かってくれて私に仕事をさせてくれます。

子供たちをただ甘やかすだけではなく、しっかりとしつけもしてくれます。

愚痴や、イヤミなどを私に言ってきたことは一度もなく、本当にいい家族のところにお嫁にきたと思って感謝しています。

私は、短気なので、つい子供たちに感情的になって叱ってしまったりするので、一人きりでなんて、とてもじゃありませんが子育てはできません。

周りの協力がとても大事だと思います。

これからも家族に感謝して子育てを頑張りたいと思っています。