高齢出産を願う

高齢出産では難産になりやすくなる原因は?

「高齢になるほど難産になりやすい」ということを、よく耳にします。

年齢が高くなるほど産道が硬くなり、骨盤も開きにくくなっているため、お産に時間がかかったり、出血が多くなったりする傾向があるのは確かなので、若い頃の出産に比べて、高齢での出産が難産となる確率がある程度高くなるということは仕方のないことです。

しかし、妊娠中にお産に向けた「体力づくり」や「体重管理」をしっかりしていれば、高齢出産でも、安産につながることが多くなるというのも間違いのないことです。

高齢だけが難産の原因になるわけではありません。

若い年齢の出産でも、難産になることもあります。

よく言われるとおり、お産は「案ずるより生むが易し」です。

高齢出産で難産になりやすい原因

高齢出産で難産になりやすくなる主な原因に「軟産道強靱」と「微弱陣痛」があるといわれています。

軟産道強靭

高齢出産では、産道やその周辺が固くなり、伸展性が不足して産道が狭くなった「軟産道強靱」の状態になっていることが多くなります。

軟産道の筋組織は、加齢ともに萎縮していき、結合組織が増加していくので、産道の潤軟性や伸展性が乏しくなっていきます。

このため、高齢出産の場合には、赤ちゃんがスムーズに出てくることができずに、分娩時間が長くなる傾向があります。

微弱陣痛

また、高齢出産では、加齢による子宮筋の老化で、子宮筋の伸縮性が衰え「微弱陣痛」になることも多くなります。

微弱陣痛では、胎児が長い間産道内で圧迫された状態が続くので、早く分娩するために、帝王切開や吸引分娩が必要になることも少なくありません。

帝王切開と吸引分娩

帝王切開

高齢出産では、トラブルが生じるリスクも高くなるので、あらかじめ帝王切開を選択することも多くなります。

また、陣痛が長引いて緊急に帝王切開になることも珍しいことではありません。

帝王切開は、母子のどちらかに問題が生じて、自然分娩では難しいと判断されたときに行われます。

帝王切開では、お腹と子宮を切開して、赤ちゃんを直接取り出すので、子供を生んだ感覚がないのではと思われることもあるようですが、決してそんなことはありません。

下半身麻酔なら、赤ちゃんの産声もしっかりと聞くことができます。

日本では、6人に1人(16.7%)が帝王切開で出産しているといわれています。

高齢になるほど帝王切開での出産が多くなるのは確かですが、若い人の場合でも、10人に1人(10%)は帝王切開で出産しているといわれています。

吸引分娩

高齢出産では、吸引分娩となる場合も多くあります。

吸引分娩は、シリコン製や金属製のカップを胎児の頭に吸着させて、体全体を引き出す分娩方法です。

子宮口が全開しても胎児が降りてこなかったり、微弱陣痛などでお産が進行しない場合のほか、赤ちゃんに何らかの危険があり早急に出さなければならない場合などに吸引分娩が行われます。

吸引分娩では、確率としてはそれ程高くはないですが、母体、胎児の双方に、次のような影響がでることがあります。

母体への影響
・頸管裂傷
・会陰裂傷
・膣壁裂傷
・尿道膀胱裂傷

胎児への影響
・産瘤が大きくなる
・頭血腫
・頭蓋内出血

胎児の頭に圧力がかかるので、頭に大きな膨らみができたり、頭の形が変形したり、頭に血が溜まったりすることがありますが、それらは自然に解消していくといわれています。

ごく稀に、頭蓋内で出血することがあり、障害や後遺症が出る可能性もなくはないようですが、最近の技術進歩により、障害や後遺症が残る可能性は非常に少なくなってきているといわれています。

スポンサーリンク

分娩に時間がどれくらいかかったら難産?

規則的に陣痛が起きるようになってから、赤ちゃんが産まれて胎盤が子宮内から出てくるまでにかかった時間を「分娩所要時間」と呼んでいます。

分娩所要時間は、初産婦で11~15時間、経産婦では6~8時間程度といわれていますが、それ以上の時間がかかると、一般的には「難産」といわれます。

特に、初産婦で30時間、経産婦で15時間以上かかっても赤ちゃんが産まれない場合は、「遷延分娩(せんえんぶんべん)」と呼ばれますが、この場合は確実な難産といえます。

遷延分娩となった場合は、明らかな異常事態とみなされるので、緊急に帝王切開になることがほとんどです。

難産になりやすい人

高齢出産の人

35歳以上の高齢出産で初産の場合には、難産になる確率が高くなるといわれています。

高齢出産の場合には、難産のほか、高血圧、前置胎盤、常位胎盤早期剥離などになる可能性も高くなるといわれています。

体が小さい人

体が小さい人は、一般的に骨盤も小さいので、骨盤に対する赤ちゃんのサイズの比率が大きくなるために、難産になリやすくなります。

赤ちゃんは、母体の大きさに関係なく、2,800~3,000g程度が平均的ですが、骨盤がより大きい方が、お産はすんなりと進みやすくなります。

筋力が低下している人

出産では、全身の筋肉を使うので、筋力が低下していると難産になりやすくなります。

筋力が低下していると、出産時の踏ん張りも効かなくなり、分娩時間も長くなってしまいます。

妊娠中は体を動かしにくいので、筋力が落ちている人が多いですが、出産でいきむ時に踏ん張れるよう、しっかりと筋力をつけておきましょう。

太り過ぎている人

太り過ぎていると、余分な脂肪で産道が狭くなってしまい、赤ちゃんが通り抜けにくくなって、難産になってしまうことがあります。

太りすぎは、赤ちゃんが巨大児になったり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こしたりする原因にもなります。

太りすぎには、十分注意しましょう。

痩せすぎている人

過度に痩せていると、出産時の体力が不足するだけでなく、赤ちゃんにも十分な栄養を送ることができず、赤ちゃんの体力も低下してしまうことになりかねません。

痩せすぎによる体力の不足が、難産を引き起こしてしまうこともあります。

痩せすぎにも、注意が必要です。

難産を防ぐために

難産を防ぐ確実な方法というものはありませんが、妊娠中の過ごし方が出産に大きく影響しているのは間違いありません。

難産を防ぐためにも、生活習慣や食生活を見直して、健康的に過ごすようにしましょう。

体重の管理を徹底する

太りすぎや痩せすぎは、難産の原因の一つになります。

妊娠初期にはつわりのために食べられなかった人も、妊娠の中期・後期になるとつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

特に、高齢出産の場合には、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群にならないようにするためにも、食事の量と内容には気をつけて、適切な体重を維持するようにしましょう。

バランスのとれた質の良い食事を適量食べるように心がけることが肝心です。

適度に運動する(筋力、持久力をつける)

妊娠中、健康に過ごすためには、適度な運動が必要不可欠です。

体重が増えすぎるのを防ぐだけでなく、出産時に必要となる筋力と持久力をつけておくためです。

高齢出産に限らず、出産の際には、筋力はもちろん、それ以上に持久力も必要になります。

陣痛が始まってからは、短くても数時間、長いときには十数時間も、赤ちゃんと共に闘い続けなければなりません。

出産にどれだけ時間がかかっても、何時間でも闘える持久力を身につけておきましょう。

手軽に行える運動は、毎日の「散歩」や「ウォーキング」、「ストレッチ」などです。

高齢出産の場合は、特に健康状態に問題がなければ、週1~2回程度の「マタニティヨガ」や「マタニティスイミング」などは効果的です。

特にスイミングでは、浮力で子宮を浮かせて、子宮と背骨に挟まれている静脈の圧迫を緩和するという効果も期待できます。

妊娠中の適度な運動は、体重の増加を防ぐことにもつながるので、まさに一石二鳥といえますが、運動を始める際には、必ず医師に相談してからにしましょう。

難産では産後の回復も遅くなる?

出産ではかなりの体力を消耗するので、産後はクタクタだという人も多いでしょう。

難産となれば、なおさらです。

30代後半になると、若い頃に比べて体力が低下していることは間違いありません。

そのため、難産でなくても、産後の回復が遅くなるというのは、ある意味当然のことですが、難産の場合には、さらに回復までに時間がかかるようになります。

「産後の肥立ち」といって、出産直後は妊娠中の体から急激に元に戻ろうとするので、それに伴う不快感や痛みなどもでてきますが、無理をせずに、自分のペースで乗り切るようにしましょう。

~・~・~・~・~・~・~

難産になって辛いのはママだけではありません。

ママが苦しいときには、赤ちゃんも同じように苦しんでいます。

安産のためには、栄養バランスのとれた食事をして適度に運動するほか、十分に睡眠をとったり、ストレスを溜めないことなども大切です。

難産の原因には先天性のものもありますが、ママの努力で改善できるものもたくさんあります。

少しでも楽に出産ができるよう、妊娠中にできることはすべてやってから出産に臨むようにしたいですね。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする