高齢出産を願う

子育ての悩み 3つの解決法

子育てと言えば絶えず悩みが出てきます。

特に初めての子育ては、何もかもが分からないことばかりでどうしていいか分からずに悩んでしまったり、試行錯誤を繰り返しながら自分流の子育てを見つけていくことも多いと思います。

でも、悩みを溜め込んでしまうとストレスも溜まってしまって、子どもに対しての接し方が冷たくなってしまうことや、イライラが募ってしまうこともあります。

そうならないように子育てするためには、次の3つの事がとても大切だと思います。

実の母、家族に相談する

やはり自分を育ててくれた母親に悩みを聞いてもらうのが一番です。

私も悩んだらすぐ母に電話したりして悩みを聞いてもらっていました。

特に赤ちゃんの時は泣いているのが仕事なので、いつもどうしたら泣き止んでくれるのか、何をしたらいいのか悩んでいました。

大きくなってきたらイヤイヤ期や反抗期もきます。

そんな時はストレスもすぐに溜まるので、よく母に相談したり、子育てを協力してもらうために旦那に話を聞いてもらったりしていましたが、とても気持ちが楽になりました。

先輩ママ、近所のママ友と話す

身近に先輩ママがいる方や、近所にママ友さんができたら、できるだけ話をするようにした方がいいです。

特に自分の子どもと歳が近いママ友がいるととても心強いし、同じ時期の子どもを育てていると共感できるところもたくさんあって、話しているだけで気分が楽になったり、皆んなこういう風に子育てしているんだなと他人の意見も聞くこともできます。

特に先輩ママだと、子育ての参考にもなるし、タメになることも沢山あります。

外出できるような月齢になったらできるだけ外出をして、仲間探しをしてみるのもいいと思います。

子育て施設を利用する

昔に比べると、今は各地で子育て施設というものがとても充実してきています。

多くの施設は室内にあるので、赤ちゃんの頃から利用できます。

必ず職員の方がいるので、子育ての相談も気軽にすることができるし、頻繁に通っていると、いっしょに子どもの成長を見てもらっているというような安心感も出てきます。

子育て施設を利用することで、いろいろな月齢の子どもを見ることもできるし、子育て施設を出会いの場として利用している方もたくさんいます。

近くに身内の方がいなくて、悩みが相談しにくい人なんかは、躊躇せず出ていくことが大切だと思います。

逆に他人の方が相談しやすいことなんかもありますので。

悩みを溜め込まずにいろんな方に相談しながら、楽しみながら子育てをしていってください。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする