高齢出産を願う

共働きの子育ては思っていたより大変

共働きの子育てを、私自身とても甘く考えていたなと痛感しました。

子供との時間のとり方、夫婦での考え方などいろいろなことがありました。

共働き子育ての大変さ

まず朝子供を保育園に送っていく大変さ。

4才の女の子と2才の男の子。

自分でできることもあるけど、まだまだ手を貸さないといけない状態の中、自分のすることも沢山あって、毎日がバタバタです。

子供に叱りつけるように言ってしまったり手を引っ張るようなこともありました。

でも、その度に自分がもっと早く起きて準備すればいいことなのにと、自己嫌悪になったりすることも・・・。

帰宅後は夕飯作りに洗濯物の片付けにと追われます。

でも、2才の男の子は特に私にベッタリになり身動きがなかなかとれないことも多かったです。

遊ぼう、絵本読んで、と子供にせがまれても、余裕のない日は振り払ってしまいます。

またまた自己嫌悪に・・・。


夫に理解してもらいたい

共働きの主人は日勤夜勤と不規則な生活なせいもあり、ほとんど協力はしてもらえない生活でした。

協力してほしいと話し合いすると最終的には「じゃぁ辞めたら」という、解決策にはならない答えが返ってきました。

主婦の私達は旦那さんにバリバリ手伝ってもらうことは、そんなに求めていないと思うんです。

でも子育てに協力の姿勢を見せてくれるだけで、大変やな、がんばってるなって褒めてくれているような気分になると思うんです。

でも私の主人はそういうことを分かってくれる人ではなかったので、すごくしんどい時期がありました。

でも一つ一つどういうことをしてほしいか伝えていきました。

私の思うようにはしてもらえなくても、文句は言わずありがとうとだけは伝えるようにしました。

子育ての大変さを解決するには

自分自身が手抜きをするとこだと思います。

家事も育児も完璧にしようと思うからしんどいことが多すぎて、余裕がなくなるんだと思うんです。

別に洗濯物が山ずみになっていても部屋が散らかっていても、ホコリが落ちていても水垢がついていても、また後でゆっくりとやればいいと思います。

最低限のことをそれなりにするぐらいの気持ちでいいと思います。

子供のペース優先

それよりも子供のペースで笑顔で過ごしている方が、自分にも活気がでてきて家事もなんなくこなせたりします。

やらなきゃダメという葛藤が自分のイライラする種であるということです。

それに子供優先でしていると子供も満足して一人遊びしだしたりします。

最初から突き放すとママ、ママと離れなくなってしまいます。

そういう事が分かるできるまでには時間がかかってしまうと思いますが、お母さんも葛藤しながら迷いながら進んで行くんだと思います。

共働きの旦那さんにお願いすることはきっちり伝えて、協力はしてもらえなくても理解してもらえるようにするのがベストな形なんじゃないかと思います。