高齢出産を願う

はじめての子育てはストレスと不安だらけ

赤ちゃんが産まれたと言うことは、お母さんになったということです。

赤ちゃんが1歳になれば、お母さんもやっと2年生に。

一緒に成長して行くことが子育てです。

何もかもが始めてで、

どおしていいのか?

何で泣いているのか?

子育てと家事、子育てと仕事を一緒にこなしていくのはどうすればいいのか?

何もかもが初めての経験です。

ストレス・不安の解消には環境が重要

ストレスや不安が貯まっていってしまうこともあります。

でも、一人で全てを抱え込んでしまうのは、良くありません。

一人で考えて行動していると、狭い考え方になったり、マイナスに考えてしまうこともよくあります。

そうならないためにも、周りの環境がとても大切になります。

旦那さん、自分の親、もしくは旦那の親、友達や支援センターのスタッフや病院。

悩みを相談できる環境やアドバイスしてもらえる人や場所がとても重要になります。

100%を目指してストレスを貯めない

赤ちゃんは言葉を話すことができないので、全ての要求を泣くことであらわします。

下手をすると1日中泣いてる日もあります。

こうなるとお母さんは何もすることができません。

お母さんにも赤ちゃんにもすごいストレスになります。

なんでも理想は100%なのですが、育児100%、家事100%なんていうことは無理なのです。

全てをこなそうとしなくていいんです。

家事だって、料理が作れなかったら惣菜を購入すればいいと思いますし、掃除は毎日しっかりやらなくても大丈夫です。

できる時にやれば済むことなのです。

手をかけすぎない工夫を

赤ちゃんが泣くと、毎回すぐ赤ちゃんのところに行きたくなりますが、現実的に無理な場面もあると思います。

泣かせておいても大丈夫です。

でも無視するのとは訳が違います。

赤ちゃんに向かって「少し待っててね。」と赤ちゃんの顔を見て声かけするようにしたり、近くにスリングなどを持ってきて赤ちゃんを近くに置くことで安心させたり、抱っこ紐を使って抱っこしたりおんぶしたり、と色々な工夫もできます。

夜もなかなか寝れなかったり、日中も疲れてしまうことがよくあります。

そんな時は赤ちゃんが寝たら横で一緒に寝ましょう。

手がかかる時期はあっという間

手がかかる時期は本当に大変です。

でもその時期って本当にあっという間なので、1日1日大切にしていった方がいいと思います。

子どもは本当に成長が早いので、今の姿は本当この時だけなんです。

一瞬一瞬を大切にして笑って過ごしていれば、子どもにも伝わります。

ストレスが貯まったときは無理をせず、深呼吸して楽しく子育てをがんばりましょう。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする