高齢出産を願う

産後の子宮の戻りにはどれ位の期間が必要?産後の肥立ちを良くするために

「産後の肥立ちが良い」「産後の肥立ちが悪い」ということを耳にすることがあります。

出産後の女性の体調などを表すのに「肥立ち」という言葉が使われますが、妊娠することで大きく変化していた女性の身体が、妊娠前の状態にまで回復することが「産後の肥立ち」と呼ばれます。

出産後は、大きく膨らんでいた子宮が元に戻っていきますが、その過程で、子宮が収縮する際に「後陣痛」が起きたり、出血を含んだ分泌物の「悪露(おろ)」が出たりしします。

出産後、子宮が元に戻り、妊娠する前の身体の状態になるまでには、6~8週間程度の期間がかかるといわれていますが、この期間は「産褥期(さんじょくき)」とも呼ばれます。

産後の肥立ち(子宮の戻り)

産後の子宮の戻りや身体の回復の状態は、出産後の後陣痛や悪露の状態などが目安になります。

赤ちゃんが生まれて、毎日の育児で大変な時期ですが、家族にもサポートしてもらいながら、身体の回復度をチェックしていきましょう。


子宮の戻りの早さは、陣痛の強弱に関係することが多い

子宮底長(恥骨の上から子宮の一番上までの長さ)は、本来なら6~7cm程度ですが、妊娠中には30cm以上にもなるといわれています。

出産直後も、おへそのあたりまでの長さがありますが、出産後は急速に収縮していき、4週間程度で妊娠前とほぼ同じ状態に戻るといわれます。

子宮が戻るスピードには個人差がありますが、高齢出産だから回復が遅くなるということはほとんどないといわれています。

お産の際に強い陣痛があって、お産がスムーズに進んで行った場合には、子宮の戻りも比較的早いことが多いとされています。

逆に、陣痛が弱くてお産が長引いた場合には、子宮の戻りも遅くなる傾向にあるようです。

後陣痛は、子宮回復の表れ

産後数日間は、強い子宮の収縮で、お腹が絞られるような痛みを感じることがありますが、これは「後陣痛」と呼ばれるもので、順調に子宮が回復していることの表れだといわれています。

後陣痛の痛みは、月経痛よりも少し強い程度と感じる人が多いようです。

痛みのピークは1~2日程度で、その後徐々に治まっていきます。

痛みが強い時には、分娩直後に服用する子宮収縮剤を控えたり、鎮痛剤が処方されたりします。

悪露の量や色の変化は、子宮回復の目安

産後は、悪露と呼ばれる出血がありますが、特に産後2~3日位は量が多く、1週間ほどすると月経時のような赤褐色の出血になります。

その後は、子宮が元にもどっていくにつれて量が減っていき、色も黄色から白色に変わっていき、産後1ヵ月もすれば透明なおりものになっていきます。

このような悪露の量や色の変化で、子宮の回復状態を知ることができます。

晩期産褥出血

悪露の状態は人それぞれで、時には、産後3週間くらい月経時のような赤褐色の出血が続くということもあります。

特に産後6~15日頃は、再度出血しやすい時期ですが、一旦薄くなった悪露の色が、再度赤くなって出血量も増えていくということも少なくありません。

これは「晩期産褥出血」と呼ばれますが、産後の安静状態から動き始めたことによって、子宮にたまっていた血液が流れだすために起こるものだといわれています。

一時的に出血しても、すぐに治まるようなら、大きなトラブルになることは少ないようですが、悪露が長引いてお腹に痛みがある場合は、産婦人科を受診するようにしましょう。

悪露ににおいがあったり、発熱があったりする場合には、細菌感染している可能性もあります。

過度の安静は、子宮回復が遅れることも

子宮収縮が弱くて悪露が長引く場合は、「過度の安静」が原因になっていることもあるといわれます。

1日中ほとんど寝ているような状態だと、子宮に血がたまって、子宮の回復が阻害されるという悪循環に陥ることもあります。

一方、産後の早い段階で授乳を開始することは、子宮の回復の助けになるといわれています。

赤ちゃんに乳首を吸われると、それが刺激になって、脳下垂体からオキシトシンというホルモンが分泌されますが、このオキシトシンには、乳汁を分泌させるほか、子宮の収縮を促進する作用があるからです。

出産直後は、まだ十分に母乳が出ませんが、赤ちゃんに乳首を吸わせて刺激を受けることで、子宮の回復が促進されるというわけです。

子宮復古不全

子宮の収縮が悪くて、妊娠前の状態に戻るまでに時間がかかることを「子宮復古不全」といいます。

子宮復古不全の原因で最も多いのは、子宮内に卵膜や胎盤の一部が残っていることですが、微弱陣痛でお産が長引いた場合、多胎妊娠、巨大児、羊水過多症などのために子宮の筋肉が伸びてしまい、分娩後スムーズに収縮できない場合なども子宮の戻りが遅れることがあります。

子宮の外側に筋腫があっても、子宮の戻りに影響を与えることはあまりないといわれますが、子宮の筋層内に筋腫がある場合には、子宮の戻りに時間がかかることが多くなるといわれています。

産後すぐに活発に動き始めたり、逆に安静にしすぎたりした場合にも、子宮の戻りが遅れてしまうことがあるので、少しずつ体を動かしていくことが大切になります。

悪露が長引いて、痛み、発熱、においなどが伴うような場合には、早めに出産した産婦人科を受診するようにしましょう。

産後の排卵

母乳を与えていない場合には、産後4ヵ月以内には排卵があって月経が再開しますが、母乳を与えている場合には、月経の再開が遅くなる傾向にあるといわれています。

これは、授乳することでプロラクチンというホルモンが活発に分泌されるようになって、排卵を促進するゴナドトロピンというホルモンの分泌が抑制されるためだとされています。

しかし、授乳をしていても比較的早い時期に排卵があって月経が再開することもあるので、生理がないからと避妊をしないで性生活を行っていると、予期せぬ妊娠につながることもあります。

性生活を再開する際には、身体の回復状態を見ながら、家族計画のことも考えて、夫婦でよく話し合う事が大切です。

産後の肥立ちを良くする

産後の肥立ちが悪いと、日常生活にも、いろいろな悪影響が出てきてしまいます。

出産後は、赤ちゃんの世話に追われ、自分のことはどうしても後回しになってしまいがちですが、自分の身体の状態が思わしくないと、赤ちゃんの世話も十分にしづらくなってしまいます。

産後の肥立ちを良くするために、意識して行うようにするといいことを紹介します。

十分な休息

出産後は、心と身体をゆっくりと癒す時間が大切になります。

退院後の数週間は、できるだけ安静にすることを心がけて、赤ちゃんの世話をする時以外は、できるだけリラックスして過ごすようにしましょう。

昼夜関係なく、授乳をしたりおむつを替えたりしなければいけないので、どうしても寝不足気味になってしまいます。

昼間でも、赤ちゃんが寝ている時は一緒に寝て身体を休ませたり、周囲の人に家事を手伝ってもらうなどして、できるだけ睡眠時間を確保することを心がけましょう。

周囲のサポートが得られない場合には、食事は宅配を利用したり、赤ちゃんの世話や家事、掃除などについては、産後ヘルパー(産褥シッター)のサービスを利用するのもいいかもしれません。

バランスのとれた食事

良質な母乳を出すためにも、好き嫌いをせずに、いろいろな食品をバランス良く食べることが大切です。

特に、骨や筋肉などの素になる「タンパク質」、母乳で不足しがちになる「カルシウム」、血液を作るために不可欠な「鉄分」などは、意識して摂るようにしましょう。

授乳期間中は、水分も不足がちになるので、意識して水分を摂ることも大切です。

水分を摂取する際も、冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物を飲むようにして、身体を冷やさないようにしましょう。

入浴を控える

悪露に血液が含まれている間は、細菌の感染を防ぐため、入浴を控えてシャワーで済ませまるようにしょう。

目を酷使しない

「産後100日針持つな 妊婦の針仕事は血の道」とも言われます。

これは、「産後は母乳を作るのに栄養を取られて視力が一時的に低下し、その時に目と神経を使う仕事をすると回復が遅れ、その後の体にも大きな影響がある。」という意味だといわれています。

目が疲れると、血液循環が悪くなって、気分が悪くなったり、肩が凝ったりして、体調が悪くなることがありますが、出産で多くの血を消耗した後に目を酷使すると、血がさらに不足してしまい、それが子宮の回復にも影響を与えるとも考えられます。

また、目を休めないと脳も休まらないので、安静にしていても、目を酷使している状態では、本当の意味でのリラックスした状態にはなれていません。

心身ともにリラックスできなければ、身体が元の状態に回復する早さにも影響が出てしまいます。

昔の「針仕事」は、現在では「スマホ」「パソコン」に当たるともいえます。

特に、就寝前に、スマホやパソコンで目を酷使すると、質の良い睡眠がとりづらくなります。

深い眠りについて、疲労を回復しやすくするためにも、スマホやパソコンを使うのは、ほどほどにしておきましょう。

~・~・~・~・~・~・~

産後の肥立ちの期間は、6~8週間程度が目安といわれています。

この期間は、できるだけスムーズに妊娠前の状態に回復できるよう、毎日の生活に気をつけて、この期間を過ぎても体調不良が続くようなら、早めに専門医に相談するようにしましょう。