高齢出産を願う

切迫早産での安静期間はいつまで?自宅安静と入院安静

切迫早産と診断されたからといって、必ず早産するというわけではありません。

安静にして適切な処置を受けることで、早産を防ぐことも十分可能です。

切迫早産

切迫早産の症状と早期発見

出産予定日(妊娠40週)をはさんで前3週間、後2週間の間(妊娠37週~42週)のお産は「正期産」と呼ばれます。

この正期産の前(妊娠22週~36週)のお産が「早産」と呼ばれていて、早産の危険が差し迫った状態が「切迫早産」です。


切迫早産の症状

切迫早産では、次のような症状が見られます。

・突然粘り気のあるおりものが増える。
・血の混じったおりものが出る。
・出血・お腹の痛み・張りが起こる。
・腰がだるくて歩きにくくなる。

切迫早産でこのような症状が現れるのは、「子宮口が開き始めている」「子宮頸管が短くなっている」「破水や陣痛が起こる」などのお産の兆候が見られるためだといわれています。

自覚症状がほとんどないまま、切迫早産の状態になっていることもあります。

切迫早産の原因

流産の場合は、胎児側に原因があることが多いですが、早産の場合は、母体側に原因があることが多くなっています。

切迫早産の状態になるはっきりとした原因はわかっていないようですが、次のようなことが原因になっていることが多いと考えられています。

・子宮頸管無力症
・子宮筋腫
・子宮奇形
・妊娠高血圧症候群
・絨毛膜羊膜炎
・多胎妊娠
・羊水過多・過少
・過度のストレス
・喫煙


早産の原因には様々なものがあるとされていますが、高齢で妊娠したから早産をしやすくなるということはなく、年齢よりも、合併症があるかどうかの方が影響が大きいといわれています。

切迫早産は、早期に発見することがとても大切です。

早期に発見し、安静にして適切な治療を行えば、胎児が母体の中にいられる期間を長くするができるので、多くの切迫早産が、正期産までもたせることが可能になるからです。

切迫早産の対処は「安静」と「薬物治療」

切迫早産の対処は、少しでも長い期間、胎児がお腹の中にいられるようにするため、「安静」「薬物治療」が中心になります。

安静

安静といっても、症状によって安静の程度は様々です。

入院してベッドに寝たまま絶対安静が必要なこともあれば、自宅で簡単な身のまわりのことだけをして過ごす安静もあります。

早産の危険性が高いほど、入院安静になる可能性が高くなります。

薬物治療

子宮口が開き始めていたらそれ以上開かないように、子宮頸管が短くなっていたらそれ以上短くならないように、必要な治療や処置がなされます。

感染を起こしている場合には、抗生剤を使って炎症を抑えたり、膣内の消毒をしたりします。

お腹の張りが続くようなら子宮収縮抑制剤が使われますが、多くの場合は、ウテメリン(塩酸リトドリン)という薬剤が使われます。

軽症なら飲み薬、緊急を要する場合には注射や点滴での対処というのが一般的です。

さらに子宮収縮が続くようなら、マグネゾール(硫酸マグネシウム)が併用されたりします。

切迫早産と安静

切迫早産で破水している場合には、絶対安静が必要になりますが、この際には、胎児に感染しないように、抗生物質が投与されます。

前置胎盤で出血している場合も同様です。

強いお腹の張りが続いたり、子宮口が開き始めたりして早産の危険性が高まっている場合には、入院安静となりますが、症状が落ち着けば自宅での安静に切り替えられます。

比較的軽症の切迫早産では自宅安静となりますが、この場合には、できるだけ外出を控え、簡単な身のまわりのことだけをするようにして、症状が改善してきたら、医師の指示に従って、徐々に安静を解除していきます。

長くお腹の中にいることができれば、それだけ胎児も育っていくことができるので、しっかりと安静を保って、1日でも長く胎児がお腹の中にいられるようにしてあげましょう。

自宅安静

切迫早産の際の自宅安静の一番の目的は、「赤ちゃんを守る」ということです。

安静にして横になっている時間を多くし、家事などはできるだけしないようにして、本を読んだリ、テレビをみたりするなどして、一定の姿勢を保ってリラックスすることを心がけることが大切です。

とにかく「横になる」ということが、一番です。

お腹が張ったら座るだけでも楽になりますが、横になって、産院などでもよく勧められる「シムスの姿勢」をとると、かなり楽になります。

体への負担が軽くなって、血流も良くなるので、お腹の赤ちゃんにも良いといわれています。

また、体を冷やさないということも大切です。

体の冷えは、血流を悪くするので、母体にもお腹の赤ちゃんにも、決していい影響を与えません。

重たいものを持ったり長時間立っているのは避けて、買い物や掃除、洗濯などもできる限りパートナーにしてもらうようにして、最小限の家事をするときにも、焦らずゆっくりするようにしましょう。

いつまで自宅安静を続けなければならないかという「安静の期間」は、それぞれの症状によって違ってきますが、妊娠中期以降に切迫早産と診断された場合には、正期産の37週まで自宅安静が続くことが多いようです。

入院安静

自宅で安静にしていても、母体や胎児の状況、子宮頸管の長さなどから、入院して安静にしなければならないこともあります。

「入院の期間」は、人によって様々で、すぐに退院できることもあれば、出産まで入院するということも珍しくありません。

入院中は、とにかく安静に過ごすことになります。

できるだけベッドから動かないようにして、身のまわりのことも、家族や看護師さんにお願いすることになりますが、子宮の収縮を抑える薬を飲んだリ点滴をするなどして、早産の兆候が治まれば、1週間程度で退院できる場合もあります。

切迫早産の半数近くは、入院をしても早産が進行するといわれていますが、できるだけ妊娠週数を伸ばすことが重要になります。

妊娠34週を過ぎると胎児へのリスクも低くなるので、経過観察をして、破水があれば早期に分娩の処置がとられます。


安静が解除された後も無理は禁物

切迫早産で安静が解除された後は、徐々に普段の生活に戻していくようにすることが大切です。

安静にしてる状態が続いて体力が落ちているので、無理は禁物です。

安静が解除された後でも、緊急事態が起こる可能性もあります。

出産に対するリスクや対処法を十分に理解しておいて、パートナーや家族の協力がいつでも得られるようにしておきましょう。

切迫早産の予防

切迫早産は、早産の一歩手前の状態です。

切迫早産の症状や対処法を知っていれば、切迫早産の症状がみられた場合にも、冷静に対処することができますが、やはり切迫早産の状態にならないということがベストです。

切迫早産の原因は、母体の持病や胎児の状態など、予防しづらいものもありますが、日常生活で気をつけていれば予防できるものもあります。

妊婦健診をきちんと受ける

妊婦健診では、お腹の張りの状態、羊水の量、子宮頚管の長さなど、多くのことを診てもらえます。

自覚症状がなくても、健診で異常が見つかるという場合もあります。

胎児が健康に育つようにするためにも、妊婦健診は、毎回きちんと受けるようにしましょう。

体を冷やさない

体が冷えると、血管が収縮して、お腹が張りやすくなります。

冬場に寒さを我慢したり、夏場にクーラーを効かせすぎたりして、体が冷えると、切迫早産のリスクが高くなるともいわれています。

体が冷えて血流が悪くなると、母体にもお腹の赤ちゃんにも、いい影響を与えることはありません。

妊娠中は、夏冬関係なく、常に温かくするようにして、体を冷やさないように心がけることが大切です。

重いものを持たない

重いものを持つと、お腹に力が入って、張りが起こってしまいます。

家事や買い物などの際にも、重いものは、できるだけ家族の人などに持ってもらうようにしましょう。

疲れ、ストレスを溜めない

体の疲れやストレスも切迫早産の原因になることがあります。

疲れやストレスが溜まると、お腹の張りにつながることがあるので、妊娠中は、できるだけリラックスすることを心がけて、疲れやストレスを感じたら、こまめに休憩などを取ることが大切です。

早産

妊娠22週から36週までに赤ちゃんが生まれるのが早産ですが、現在では、早産で小さく生まれた赤ちゃんも元気に育つようになっています。

正期産で生まれた赤ちゃんは、生活していくのに十分な体の機能を備えていますが、早産で生まれた場合には、体の各器官が未熟なままで生まれてくることが多くなります。

早産の原因

早産の原因にはいろいろなものがありますが、主に次のようなものが挙げられます。

・絨毛膜羊膜炎
・子宮頸管炎
・多胎、羊水過多、感染症、子宮奇形、子宮筋腫
・前回の妊娠で、流産、早産、死産、子宮頸管無力症だった場合
・喫煙の習慣がある場合

これらのうちで、最も多い原因と考えられているのが、「絨毛膜羊膜炎」「子宮頸管炎」だといわれています。

早産の症状には、お腹の張り、痛み、違和感、破水、出血などがありますが、早産の5割以上の場合に、これらの症状がないといわれているので、注意が必要です。

早産が進行し始めると、それを抑えることは難しくなるので、きちんと妊婦健診を受けることが大切です。

低出生体重児

早産では、赤ちゃんは低体重で生まれてくることがほとんどです。

出生体重が2,500g未満の赤ちゃんを「低出生体重児」と呼びますが、最近では、医療技術の進歩によって、低出生体重児の死亡率は低くなり、早く生まれてきた赤ちゃんも元気に成長していくことが多くなっています。

小さく生まれた赤ちゃんは、出生時の体重によって、次のように分類されます。

2,500g未満: 低出生体重児
1,500g未満: 極低出生体重児
1,000g未満: 超低出生体重児

生まれた時の週数が早いほど、また、生まれた時の体重が軽いほど、体の機能は未熟な状態が強くなります。

本来なら、母体の中で成熟していく時期に生まれてきたため、生まれた後も体の成熟に向けて発育を続けていく必要がありますが、現在では、母体の環境に近い状態にできる保育器があります。

呼吸がうまくできない場合には、保育器の中を酸素の多い状態にして、必要なら人工呼吸器で呼吸をサポートすることもできます。

体温調整がうまくできない場合には、保育器の中の温度を一定にして赤ちゃんの体温を保ち、うまく母乳やミルクが飲めない場合には、ブドウ糖の点滴をしたり、口から栄養チューブを入れて飲ませることもできます。

妊娠中に早産が予想される場合には、設備が整った病院で出産するのが一般的ですが、出産後に赤ちゃんだけが設備の整った病院に搬送されることもあります。

早産の場合には、ママが退院した後も、赤ちゃんだけは入院を続けることが多くなります。