高齢出産を願う

高齢になると流産の確率が高くなる原因は?

流産とは、妊娠22週未満に子宮内で胎児が亡くなったり、育たなくなってしまうことをいいますが、高齢で妊娠した場合には、流産する確率が高くなる傾向にあります。

流産はどんな年齢でも起こることですが、40歳を超えると流産の確率は急激に高くなります。

年齢別の流産率は、30代前半で15%前後、30代後半で20~25%前後といわれていますが、40代前半になると35~40%と高くなり、40代後半になると50%前後と非常に高い確率になるといわれています。

スポンサーリンク

卵子の老化→染色体異常

女性は、自分が胎児の頃に卵子の元が作られ、それ以降は作られることがないので、年齢を重ねるにつれて体が老化するように、排卵の順番を待っている卵子の元も老化していきます。

精子は新しく作られていきますが、卵子の元は自分が胎児のときに一生分すべてが作られているので、高齢になれば、体と同じように卵子も老化していくのです。

卵子が老化することで染色体異常が増えますが、それによって不妊や流産となることが増えるほか、胎児もダウン症をはじめとした染色体異常になる確率が高くなります。

その確率は、年齢が高くなるにしたがって急激に高くなっていき、35歳で約200分の1程度だったものが、40歳で約80分の1、42歳で約25分の1というように、加速度的に高くなっていきます。

高齢になると流産しやすくなるのは、胎児の染色体異常の確率が高くなることが大きな要因になっています。

この卵子の老化による胎児の染色体異常が、高齢での流産率を高くしている大きな原因の一つと考えられています。

妊娠初期での流産は、受精卵が子宮内膜に着床したにもかかわらず、胎児に染色体異常があることによって流産となることがほとんどです。

染色体異常のある受精卵が着床する確率は、全妊娠の約25%といわれますが、このうち、約10%が化学流産となり、残りの約15%が初期流産となるといわれます。

ちなみに、妊娠の週数で見ると、妊娠9週目頃に流産する確率が高くなっています。

ミトコンドリアの活性化

高齢になり、卵子の細胞質が古くなると、染色体の分裂がうまくいかなくなりますが、これは、細胞内にあるミトコンドリアの働きが弱くなっているのが一因になっているといわれています。

このため、卵子細胞のミトコンドリアを活性化することで、卵子の老化を防いで流産の防止につなげるということが注目され始めています。

不妊治療にミトコンドリアの活性化を取り入れる病院も出てきていますが、高齢妊娠では、「ミトコンドリアの活性化」がキーワードの一つになります。

高齢で妊娠するにはどうすればいい?/ポイントになる6つの行動 >

妊娠初期の流産

妊娠週数によって流産の主な原因は異なりますが、流産の多くは、妊娠12週未満に起こる「初期流産」で、その原因は、受精卵の染色体異常であることがほとんどです。

染色体異常のほかにも、喫煙、糖尿病などが原因になることもあります。

化学流産

妊娠検査薬や尿検査で妊娠反応が出ても、超音波検査では心拍や胎嚢が確認されず、予定よりも少し遅れて月経が始まることがあります。

妊娠反応は出ても、着床が継続せず、妊娠が成立しなかった「化学的流産」です。

妊娠を希望している場合には、生理予定日より前から妊娠検査薬でチェックしたり、不妊治療で判定日に検査をしたりしますが、妊娠するとHCGホルモンが分泌されるので、それに反応して妊娠の陽性反応が出ます。

しかし、着床が継続しなければ、胎嚢が確認される前に出血して流産となってしまいます。

化学流産は、胎児や心拍が確認されないので、流産率にはカウントされません。

稽留流産

初期の流産では、出血や腹痛が続いたり、突然多量の出血や激しい痛みに襲われることがありますが、最近では、超音波検査によって、症状が出る前に流産が発見されることが多くなっています。

何の症状もなくお腹の中で胎児が亡くなっている状態のことを「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」と呼びます。

稽留流産は、妊娠6週~12週くらいの妊娠初期に起こります。

妊娠後期の流産

妊娠12週以降の流産は「後期流産」と呼ばれますが、後期流産は、流産全体の10%程度といわれています。

初期流産の原因のほとんどは胎児側にありますが、後期流産は母体側に原因があることが多いといわれます。

主な原因として挙げられるのが、絨毛膜羊膜炎と子宮頸管無力症です。

絨毛膜羊膜炎

絨毛膜羊膜炎は、細菌が膣から入って子宮に広がることで起こりますが、胎児を包んでいる卵膜を破って、流産や早産を起こすことがあります。

お腹の張りを感じることもあれば、自覚症状が全くない場合もあります。

絨毛膜羊膜炎の原因となる細菌は、通常なら体の防御機能で防御するので感染することはありませんが、何らかの原因で防御反応が働かなくなると、絨毛膜や羊膜まで細菌の感染が広がってしまいます。

精液の中には、絨毛膜羊膜炎を引き起こす細菌が含まれているといわれていますが、他にも、直接的には関係ないと思われる歯肉炎などが原因になることもあります。

歯肉炎がある場合には、そうでない場合と比べると、早産のリスクが約7倍になるともいわれています。

子宮頸管無力症

子宮頸管無力症は、子宮頸管の感染や子宮頸部のコラーゲン異常などが原因で起こります。

妊娠中期以降に、本来なら開かないはずの子宮口が開き始めて、妊娠が維持できなくなります。

子宮頸管が短くなり、子宮口が大きく開いて、羊水腔が出てくるなどの症状が現れます。

子宮頸管無力症は、流産や早産の原因になりますが、発症率は、全妊娠の0.05〜1%程度と、そんなに高くはありません。

前兆などがなく子宮口が開いてしまうので、初めての妊娠の場合は気づかないことがほとんどです。

流産の処置は早めに

流産を放置していると、感染したり、大出血を起こしたり、次の妊娠に影響を及ぼす可能性があります。

流産だと分かったら、妊娠12週未満なら、子宮内容除去術で亡くなった胎児、胎盤、臍帯などは速やかに子宮内から取り出されます。

子宮内容除去術は、静脈麻酔で行われますが、子宮内容物の除去そのものは15分程度で終わります。

12週以降なら、プロスタグランジンを使って子宮を収縮させる方法がとられます。

次の妊娠の挑戦は月経が2~3回来てから

流産後、出血が完全に止まったら、性生活を再開しても大丈夫ですが、手術後は子宮内膜が回復しておらず、もし妊娠してしまうと出産の際に胎盤が剝がれやすくなることがあるので、しばらくの間は避妊する必要があります。

月経が2~3回来れば、子宮内膜の状態も元に戻っているので、避妊の必要はなくなります。

一度流産すると、流産を繰り返すのではないかと心配する人も多いようですが、流産のほとんどが、受精卵にたまたま染色体異常が起こったことによるものなので、次の妊娠で同じことが起こる確率は低いといわれています。

流産の悲しさは心に深く残るかもしれませんが、少しずつ気持ちを切り替えて、次の妊娠に向けて体調を整えていくようにしましょう。

まとめ

残念ながら、確実に流産を予防する方法はありませんが、「体を冷やさない」「疲れすぎない」「睡眠を十分にとる」「栄養バランスのとれた食事をする」などは、妊娠前後には大切なことです。

流産の原因は、胎児側にあることもあれば、母体側にあることもありますが、高齢になると、いずれの原因も確率が高くなってしまいます。

特に、卵子の老化による染色体異常は、高齢での流産の確率が高くなる大きな原因になっています。

加齢による老化をくい止めることはできないので、高齢になってから妊娠をしたいと思ったら、できるだけ早く妊活を始めることが重要です。

高齢になってからの妊活は、老化という時間との戦いという側面もありますが、最近では、卵子の老化防止につながる「ミトコンドリアの活性化」に働きかけるサプリメントもあります。

卵子の老化を防ぎながら、とにかく早く妊活を始めることが、高齢で妊娠するための一番の方法といえるかもしれません。

ミトコンドリアへの成分配合サプリ『ミトコア300mg』



スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする