高齢出産を願う

切迫流産の原因と症状は?兆候が見られたらとにかく安静に!

切迫流産とは、お腹の張り、出血、痛みなど、流産の兆候がある状態のことをいいます。

意外に多くの女性が経験している切迫流産ですが、超音波検査の普及によって、最近では、切迫流産と流産とは区別して考えられるようになってきています。

以前は、子宮内の様子がよく分からなかったために、流産の兆候と同じ症状が見られた場合には、切迫流産と流産とを区別せずに対応されていました。

現在では、超音波検査で早い段階から胎児の状態が確認できるようになり、胎児の心拍が確認できて子宮頚管が開いていなければ、お腹の張り、出血、痛みなどの症状が多少あっても、8割程度は妊娠が継続していくということが分かっています。

胎児の心拍が確認できない場合は流産となりますが、そのほとんどの原因は、胎児の染色体異常にあると考えられています。

出産した女性の約2割は、妊娠初期に切迫流産の症状を経験しているともいわれています。

スポンサーリンク

切迫流産

流産は、妊娠22週までに妊娠が終わることをいいますが、切迫流産は、妊娠22週未満で胎児が子宮内にいて、流産しかけている状態のことをいいます。

流産になってしまうと、妊娠を継続していくことはできませんが、切迫流産は、流産の一歩手前の状態なので、子宮内の胎児の心拍が確認できれば、妊娠を継続していくことができる可能性があります。

切迫流産の原因

妊娠12週までの流産は「早期流産」、妊娠12週以降の流産は「後期流産」と呼ばれますが、早期流産では胎児側に原因があることが多く、後期流産では母体側に原因があることが多いといわれています。

流産は、妊娠全体の約15%に起こるとされていますが、流産のうちの約80%は、妊娠12週未満に起こる早期流産だといわれています。

早期流産の原因

早期流産の多くは、胎児側に原因があることが多く、その多くが胎児の染色体異常が原因とされています。

染色体異常が原因で流産となる場合は、流産をくい止めることはほとんど不可能とされています。

後期流産の原因

一方の後期流産の場合は、子宮の異常や絨毛膜羊膜炎など、母体側に原因があることが多いといわれています。

妊娠後期に切迫流産となる主な原因には、次のようなものがあります。

子宮の異常:
子宮筋腫や子宮奇形があると、胎児の成長を妨げる原因となります。

絨毛膜羊膜炎:
細菌感染によって、胎児を包んでいる膜に炎症を生じるのが絨毛膜羊膜炎ですが、炎症が進むと、流産に至る原因となります。

母体の疾患:
甲状腺機能の異常や糖尿病など、母体に何らかの疾患がある場合には、妊娠が維持できなかったり、胎児が発育できなかったりする原因になります。

上記のほか、「重い物の頻繁な持ち上げ」「長時間の立ち姿勢」「体の冷え」などの過度の負担が、切迫流産の要因の一つになるともいわれています。

切迫流産の症状

切迫流産では、次のような症状が見られることが多いといわれています。

・少量の出血
・軽い下腹部の痛み
・下腹部の膨満感
・腰痛

このような症状が見られる場合には、切迫流産の状態になっているのかもしれません。

そのまま放置していると、流産に進行してしまうこともあるので、気になる症状がある場合は、産婦人科を受診するようにしましょう。

切迫流産の際は、とにかく安静に

妊娠初期に切迫流産と診断されると、子宮収縮抑制剤や止血剤が処方されることもありますが、最近ではあまり使われなくなってきているようです。

薬を使用すれば、お腹の張りや出血をある程度抑えることはできますが、根本的に流産を止める治療にはならないからです。

流産の場合の多くは、胎児側に原因があるので、残念ながら、流産をする時にはどんな治療をしても流産をしてしまうことがほとんどだと考えられています。

妊娠が継続する場合には、次第に症状は治まってくるので、できるだけ「安静にして過ごす」のが一番だといわれています。

ただし、子宮頸管無力症と診断された場合には、そのままだと流産や早産につながる恐れがあるので、安静にしながら、適切な時期(妊娠12~16週頃)に子宮頚管を縛る手術が行われます。

安静の程度は?

切迫流産と診断されたら、どの程度の安静が必要なのかを、医師に確認しておきましょう。

結果的に流産になってしまうものとならないものとでは、根本的に状態が異なっています。

流産してしまう場合は、安静にしたからといって防げるわけではありません。

ただ、体を動かすと出血量が増えるということは事実なので、いたずらに不安を感じさせないためにも、医師は安静にという指示をすることがほとんどです。

切迫流産の場合、お腹の張りや痛みが強くなったり、出血量が急に増えたような場合には、必ず受診するようにしましょう。

切迫流産は、症状が治まれば、その後の妊娠の継続や胎児に影響を与えることはまずないといわれていますし、子宮頸管無力症などの場合を除いては、早産の要因になることもないとされています。

自宅安静のポイント

安静には、「入院安静」と「自宅安静」とがありますが、切迫流産のほとんどは、自宅安静を指示されることが多いです。

症状によって安静の程度は異なりますが、一般的な自宅安静のポイントは次のとおりです。

風呂

入浴は意外と体力を消耗するので、簡単にシャワーで済ますようにするといいでしょう。
立っているとお腹が張るようなら控えましょう。

料理

症状が軽い場合でも、台所に立ち続けていると負担がかかるので注意が必要です。
調理せずに食べられるものを使うことも考えましょう。

掃除・洗濯

簡単に掃除機をかけたり、洗濯量も少量に止めておきましょう。
床のふき掃除、大量の洗濯などは、症状が落ち着くまで控えるようにしましょう。

仕事

仕事は、基本的には休みます。

切迫流産の予防は可能?

切迫流産となる原因には、様々なものがあります。

流産になるのをくい止めることができないものもあれば、適切な対応をすれば、妊娠を継続させることが可能なものもあります。

とはいっても、妊娠中の生活に気を配ることはとても大切なことです。

「重い物を持たない」「長時間立ち続けない」「体を冷やさない」「ストレスを溜めない」「喫煙を控える」「飲酒を控える」「カフェインの入った飲み物を避ける」などは、切迫流産になる可能性を、ある程度軽減することができるといわれています。

妊娠経過が正常であったとしても、妊娠初期には、少量の出血や軽い腹痛を感じることも珍しいことではないといわれます。

しかし、やはり心配になります。

妊娠中に出血や腹痛が起こったら、焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて症状を観察し、産婦人科を受診するなどして、それが流産の兆候かどうかを、しっかりと見極めるようにしましょう。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする