高齢出産を願う

お産にも役立つリラックス法の腹式呼吸

心身をリラックスさせる腹式呼吸の仕方を覚えておけば、出産時の陣痛にもパニックにならずに陣痛を乗り切ることができます。

心身の緊張をほぐす腹式呼吸

普段は無意識に行っている呼吸ですが、意識的に腹式呼吸を行うことで、出産時の陣痛をある程度コントロールすることができるようになります。

お産の際の腹式呼吸は、子宮の収縮によって起こる強い痛みから気をそらして、心身をリラックスさせるための一つの方法になります。

出産時の腹式呼吸では、吸うことよりも吐くことを意識することで、痛みでお腹などの筋肉に無駄な力が入るのを防いで、気持ちを安定させることができます。

そうすることによって、血液中にたくさんの酸素を送り込むことができるので、お腹の赤ちゃんにも十分な酸素を供給できるようになります。

腹式呼吸は、妊娠前や産後のストレス解消にも効果的

吐くことを意識する腹式呼吸は、妊娠中や出産時だけではなく、妊娠前や産後にもメリットがあります。

出産時に必要となる呼吸法は、お産のスタイルなどによって変わることもありますが、リラックスを目的とした腹式呼吸がうまくできるようになれば、出産時の呼吸が楽になることは間違いありません。

自分では腹式呼吸をしているつもりでも、胸の上部が膨らんでしまう人がいますが、この場合は、胸式呼吸になっているので、おもいっきり息を吸うと、かえって緊張状態が高まってしまいます。

腹式呼吸では、呼吸をすると横隔膜が十分に下がって、肺の奥まで十分に空気が入っていく状態になります。

いつでもどこでも腹式呼吸

腹式呼吸は、一度その仕方を身につけてしまえば、いつでもどこでも簡単にすることができます。

ちょっとした仕事の合間にでも、背筋を伸ばしてゆっくりと腹式呼吸をしてみましょう。

目を閉じて深く呼吸をしながら、山や海などのさわやかな自然の風景などをイメージすれば、リラックス効果も高まります。

腹式呼吸

横隔膜の上下運動による呼吸のことです。

呼吸とともにお腹が動きますが、これは、肺がおさまっている胸腔の底の横隔膜が十分に下がって、肺の奥まで空気が入っていくからです。

体の隅々にまで酸素が行きわたって、心身の緊張をほぐしてくれます。

腹式呼吸の練習

1 軽く口をすぼめてゆっくりと息を吐く

まずは、背筋を伸ばして体の力を抜きましょう。

軽く口をすぼめて、なるべくゆっくりと長く息を吐いていきます。

下腹に力を入れて、お腹をへこませて全部の空気を吐き終わったら、しばらく息を止めます。

2 体の力を抜いて空気を吸い込む

再び体の力を抜くと、自然に鼻から肺に空気が入っていきます。

お腹を少し膨らませるようにして、たくさん息を吸い込むのがポイントです。

1,2を繰り返す

1,2を何度が繰り返し行っていると、緊張が解けて体がリラックスしていくのを感じることができるでしょう。

リラックスすると、手足の先が温かく感じたり、少し膨らんだように感じることもあります。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする