高齢出産を願う

30代での「プレ更年期障害」が不妊の原因に

一般的に、女性は45~55歳頃になると更年期障害を経験しますが、最近ではもっと若い年齢で、更年期障害と同じような症状を経験する女性が増えているといいます。

「プレ更年期障害」とか「若年更年期障害」などと呼ばれていますが、そのままにしておくと、卵巣の機能低下や不妊につながってしまうので、妊活中や妊活を考えている人は、心当たりがあれば必ずケアをするようにしましょう。

更年期障害とは

更年期障害は、45歳~55歳頃になると、女性が経験する症状です。

女性らしさを作り出しているホルモンの「女性ホルモン」の一つに「エストロゲン」があります。

エストロゲンは卵巣で作られていて、その分泌量は20代に最も多くなるとされていますが、年齢とともに分泌量は減っていきます。

閉経間近の45~55歳頃になると、エストロゲンの分泌量が少なくなってきた影響で、体のあちらこちらに不快な症状が出るようになります。

これが更年期障害です。

眠れない、体がほてる、のぼせる、手足が冷える、汗が出る、慢性的な肩こり、イライラ感、倦怠感などがよく見られる症状です。


35歳を過ぎたら、プレ更年期障害のリスクがでてくる

30代後半~40代前半に、更年期障害と同じような症状が出るのが「プレ更年期障害」です。

プレ更年期障害の原因も、一般的な更年期障害と同じで、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量の減少が原因になっています。

若いうちから、エストロゲンの分泌量が減ってしまう原因は、ストレスによる自律神経の乱れにあるとされています。

職場でのストレス、家庭でのストレス、睡眠不足、体の冷え、生活リズムの乱れ、栄養バランスの偏りなどのストレスが自律神経を乱すといいます。

自律神経は、体温を調節したり、血液を流したりという、意識的にはコントロールすることできない体の機能をコントロールしていますが、その自律神経が乱れてしまうと、卵巣に「エストロゲンを分泌しなさい」と指示する機能にも乱れが生じて、エストロゲンの分泌量が減ってしまいます。

その結果、若いにも関わらず更年期障害と似た症状が出てしまうというのが、プレ更年期障害だというわけです。

プレ更年期障害が不妊の原因に

プレ更年期障害になると、脳の視床下部の機能にも乱れが生じます。

脳の視床下部は、卵巣刺激ホルモンや黄体化ホルモンを分泌するとても大切な器官です。

卵巣刺激ホルモンが分泌されることによって卵巣が卵胞を育て初め、黄体化ホルモンが分泌されることによって排卵が指示されます。

これらのホルモンの分泌が正常に行われなければ、卵巣の機能は低下してしまいます。

卵巣の機能が低下すれば、当然のことながら妊娠はしにくくなるので、妊活中や妊活を考えている人は、特に気をつける必要があります。

プレ更年期障害を予防する

プレ更年期障害は、心身のストレスが原因になっています。

ストレスをためないようにするというのは難しいことですが、ストレスを軽減してうまく発散することが一番の予防になります。

まずは、規則正しい生活をして、バランスの良い食事を摂り、睡眠もしっかりとるようにしましょう。

冷えの予防もしておいた方がいいでしょう。

ぬるめのお湯に20分程度浸かる入浴法などは、冷え対策にはもちろん、その日にたまったストレスの発散ということからもお勧めです。

抗酸化作用のあるものを摂ることも大切です。

特に、抗酸化作用があるビタミンCはしっかりと摂りたいものです。

栄養素に関しては、バランスの良い食事から必要になる全ての栄養素を摂取することが理想ですが、実際のところは難しいですので、妊活中の栄養に関してはサプリメントで補うという女性が非常に多くなっています。

妊活中・妊娠中の方のための『ベルタ葉酸サプリ』

妊活には、若年更年期障害にも注意

プレ更年期よりも若い世代の20代~30代前半の人にも、更年期障害と似た症状が出る場合があるといいます。

「若年更年期障害」と呼ばれていて、原因はプレ更年期障害とほとんど同じですが、中でも「無理なダイエット」「冷え」「喫煙」が原因になっていることが多いようです。

これらは全て、妊活中の女性は避けないといけないことです。

若年更年期障害も症状が重くなれば、治療が必要になります。

将来に妊娠を控えている女性は、若いうちから妊娠・出産ということを意識して、健康的な生活をして健康な体を保つように心がけたいものですね。