高齢出産を願う

高齢出産を目指した不妊治療のポイント

晩婚化が進んだこともあり、高齢になってから妊活を始める人も増えてきていますが、医学的に見ても、30歳を過ぎると妊娠率は低下していき、35歳を過ぎるとその傾向が強くなるといわれています。

さらに、45歳を過ぎると、自然に妊娠することはかなり難しくなるとされています。

30歳を過ぎてから不妊治療を受ける場合には、できるだけ早く治療を始めるようにすることが肝心です。

妊娠することが可能な年齢は限られていて、年齢が高くなるほど妊娠力も衰えてくるので、限られた時間のうちでも、なるべく早い段階で治療を開始することが、不妊治療を成功させるためにはとても重要になります。

高齢出産

日本産婦人科学会では、満35歳を超えてからの初産婦を「高齢初産」と定義しています。

以前は、高齢出産といえば30歳以上での出産のことを指していましたが、晩婚化などの影響もあって出産が高齢化していき、2000年には、全初産のうちで30歳以上の初産が1割を超えるようになりました。

WHOをはじめとする諸外国でも35歳以上が高齢出産と定義されていることもあり、日本でも高齢出産の年齢が35歳に引き上げられました。


高齢になると、卵子の数が減る

女性の「卵子の元」は、胎児の頃にすでに作られていて、その後、新しく作られることはありません。

個人差もありますが、生まれた時に持っている「卵子の元」は、100~200万個だといわれています。

この「卵子の元」が、全てなくなったときに「閉経」を迎えることになりますが、閉経までの期間は、平均して50年程度とされています。

言い換えれば、50歳前後で閉経を迎えることが多いということです。

「卵子の元」は、1ヵ月に数百個のペースで減っていきますが、35歳を超えると、その減少するスピードは早くなるといわれています。

高齢になると、卵子の細胞にもトラブルが発生しやすくなる

年齢を重ねると、膚にシミやしわができるようになりますが、「卵子の元」の細胞にも色々なトラブルが発生しやすくなります。

トラブルの中でも一番の問題は「染色体を2つの細胞に分離させる紡錘糸の異常」だといわれています。

高齢になると卵子の紡錘糸には、構造が正常でないものが多くみられるようになるといわれています。

紡錘糸に異常があると、分裂した2つの細胞に、正確に同じ数の染色体を分けることが出来なくなってしまい、一方の細胞に染色体が1本多くなったり、少なくなったりします。

高齢出産でダウン症の赤ちゃんの確率が高くなるのは、このことが原因になっています。

ダウン症の原因は、21番の染色体の数が1本多いことですが、もしこれが1番の染色体の数に異常が起こったとすると、その胚は着床して妊娠に至ることは困難になります。

仮に胚が着床したとしても、その胎児は生まれてくることが出来ずに「流産」してしまうことになります。

高齢になるほど、こういった異常が起こる確率が高くなり、妊娠しにくくなったり、胎児の異常や流産が起こりやすくなったりするというわけです。

不妊治療

高齢出産に向けて、不妊治療をされる人も多いですが、不妊治療には、大きく分けて「一般不妊治療」と「高度生殖医療」の2種類に分けることができます。

一般不妊治療には「タイミング法」「ホルモン療法」「人工授精」、高度生殖医療には「体外受精」「顕微授精」「凍結胚移植」があります。

一般不妊治療

タイミング法

排卵日のタイミングを予測して、その予測した排卵日の前後に性交を行う方法です。

排卵日を予測するにあたっては、基礎体温、ホルモン(エストロゲン・黄体ホルモン)の数値、おりものの状態などを参考にします。

専門の医師が、さまざまな角度から見て判断をするので、比較的正確に排卵日の予測ができます。

ホルモン療法

妊娠をサポートするホルモンを補ったり、ホルモンの分泌を促したりする方法で、黄体ホルモンや、排卵誘発剤などを使います。

高温期に黄体ホルモンの分泌が下がっているような場合には、注射や薬の服用で黄体ホルモンを補います。

排卵障害、着床障害、子宮内膜症などの場合に行われます。

人工授精

タイミング法と同じように排卵日を予測して、精子を子宮に入れる方法です。

「女性が高齢のとき」をはじめとして、「性交障害がある」「精子が少ない」「精子の運動性が低い」「不妊の原因が明らかではない」というような場合などに行われます。

身体への負担が少ないという特徴があります。

高度生殖医療

高度生殖医療は、一般不妊治療に比べて体への負担は増えますが、自然妊娠が難しい人でも妊娠の可能性がでてきます。

体外受精

体外で受精を行い、受精・細胞分割した卵を子宮内に戻す方法です。

人工授精では妊娠ができない、卵巣や精子に問題がある場合などに行われます。

顕微授精

卵子と精子を採取して、顕微鏡で見ながら精子を卵子に注入し受精させる方法です。

体外受精でも妊娠に至らなかった場合や、精子減少症や乏精子症の場合などに行われます。

凍結胚移植

体外受精させて「胚」となったものを凍結し、排卵のタイミングに合わせて子宮に戻す方法です。

高齢者の高度生殖医療

ただ、高度生殖医療を受けたとしても、高齢で妊娠できる確率はかなり低いというのが現実です。

40歳以上の人が、1回の高度生殖医療を受けて妊娠する確率は、40~42歳で7.4%、43歳以上で1.1%というデータがありますが、45歳以上になると0.54%になるというデータもあります。


不妊治療は専門の病院で

不妊治療は、不妊治療を専門にしている病院で行うのがおすすめです。

不妊治療を専門に行っている医師は、不妊に特化した治療をしているので、不妊治療の経験や実績が豊富ですし、病院の設備なども整っていて、検査から治療までの流れもスムーズです。

また、一般的な婦人科に比べて、不妊治療に対する熱意が強いということも大きな特徴です。

さらには、来院している人が不妊治療を行っている人ばかりなので、精神的な負担を感じることも少なくなります。

夫婦で病院に行く場合でも、婦人科に行くときのように、夫が気を遣うこともかなり少なくなります。

不妊治療を行えば、自然妊娠よりも妊娠する確率が高まることは確かです。

特に35歳を過ぎて不妊治療をするかどうか迷っている場合は、治療を受ける受けないに関わらず、できるだけ早く不妊治療専門の病院を受診するようにしましょう。

迷って時間が経てば、それだけで妊娠の確率は低くなっていきます。

卵子の老化対策

高齢になってから不妊治療をしても妊娠にまで至らない大きな理由として、「卵子の老化」が挙げられます。

卵子の老化は加齢とともに進んでいくので、進行を止めることはできませんが、老化の対策をとることはできます。

卵子が老化すると、卵子内のミトコンドリアも老化して変異を起こすことが分かっています。

ミトコンドリアが変異すると、卵子へのエネルギーの供給が十分に行われず、結果として卵子の質が低下して、妊娠の確率が低下するといいます。

逆に言えば、ミトコンドリアを活性化させることができれば、卵子の質の低下を抑えることができると言えるのです。

高齢出産を目指す人は、しっかりと押さえておきたいポイントです。

最近では、ミトコンドリアの活性化に関して「イースタティックミネラル」という成分が注目されています。

高齢出産を目指し、妊活にイースタティックミネラルを取り入れる人も増えてきていますが、実際に、ミトコンドリアの活性化に取り組んでいる病院もあるようです。

イースタティックミネラルは、サプリメントからでも摂取できます。

サプリメントなら、薬のように副作用を心配する必要もないので、高齢出産を目指す人は、試してみる価値がありそうです。

イースタティックミネラル配合『ミトコア300mg』

高齢になると妊娠しにくくなる根本的な原因に「卵子の老化」があるので、卵子の質の低下を抑えることができれば、妊娠に近づく可能性が高くなることが期待できます。

不妊治療の準備

不妊治療を少しでも早く始めるためには、治療を始める前の準備も大切なポイントになります。

基礎体温をつける

まずは、基礎体温を測って基礎体温表を作っておきましょう。

基礎体温表があれば、不妊治療を受ける初診の段階で、治療に必要になる情報の多くを医師に伝えることができます。

生理の周期や月経の状況が分からないと、基礎体温表を作ってからもう一度来院するように言われることもあります。

検査の段階でより多くの時間を使ってしまうことになるので、本格的な不妊治療に入るまでに時間をロスしてしまいます。

限られた時間内での不妊治療ということを考えると、非常にもったいないことです。

普段から基礎体温をつけることが習慣になっていれば、不妊治療を開始してからも治療がスムーズに進むでしょうし、何よりも自分の生理の周期をしっかりと把握することができます。

「不妊治療」ということが頭に浮かんだら、実際に治療を受ける受けないには関わらず、まずは基礎体温をつけるようにしましょう。

夫の精液検査も早めに受ける

夫が、少しでも早く精液検査を受けることも、とても大切になります。

30代も後半になると、妊娠できる期間はそんなに多く残されているわけではありません。

「子供がほしいのになかなか出来ない」と感じた段階で、不妊の原因の可能性を調べておかないと、妊娠までに遠回りをして、貴重な時間をロスしてしまうことにもなりかねません。

一般的に、夫が不妊治療に協力的でないことは結構多いといわれます。

妊娠するのは自分ではないので、妻に比べると、当事者意識が低いということがあるようです。

「仕事が忙しい」「面倒くさい」などの理由で、なかなか精液検査を受けないことも多いですが、結局のところは精液検査に対しての抵抗感が主な原因になっていることが多いです。

夫にしてみれば、検査のために精液を採取するのは、確かに気が進まないということがあるかもしれません。

病院の一室での精液の採取、時にはトイレの中で採取というようなこともありますが、尿のように簡単に採取できるものでもありません。

また、精液検査の結果を聞くのが怖いということもあるようです。

「もし結果が良くなければ、男としてダメだと言われたような気がする」という話はよく聞きます。

どうしても、夫が検査を受けない場合には、「フーナーテスト(ヒューナーテスト)」を検討してみましょう。

これは性交渉をした後、12時間以内に検査を受けるというもので、妻だけが通院すれば検査ができます。

膣内にある頸管粘液内の精子を採取して、精子の数や運動の状態などを調べることができます。


不妊治療のことを自分でを考える

不妊治療の段階的なアップ

一般的な不妊治療は、タイミング法 ⇒ 人工授精 ⇒ 体外受精 というように進んでいきます。

タイミング法を5~6回行い、それで妊娠しなければ次は人工授精を5~6回、それでも妊娠できない場合に体外受精が提案されるという流れが一般的です。

ただ、35歳を超えてから不妊治療を受け始めたような場合は、妊娠が可能な期間のことを考えると、タイミング法と人工授精にそんなに多くの時間を割くわけにもいきません。

不妊治療は、1周期に1回しかできませんし、排卵誘発剤の影響で、2周期開けないと次の治療に進めないこともあります。

タイミング法と人工授精だけで、数年かかってしまうこともあり得るというわけです。

それで妊娠できれば何も言うことはありませんが、妊娠できなかった場合には、高齢になるにほど、どんどん妊娠率が低くなっていくというこを考えておかなくてはなりません。

体外受精の成功率(20~40%程度)は、人工授精の成功率(5~20%程度)に比べるとかなり高くなっているので、少しでも若いうちに体外受精にチャレンジすれば、時間もお金も無駄にかけずに済むという考え方もあります。

35歳以上の不妊治療では、タイミング法の後に、人工授精をせずに体外受精を行う、「ジャンプアップ」という方法もあります。

ただ、体外受精は高額(20万円~100万円)になるので、ある程度のステップを踏まないと医師からは提案されないことが多いようですし、人工授精の成功率がそんなに高くないということについては、説明なされていないケースも多いようです。

ジャンプアップを希望している場合には、医師からの提案を待たずに、自分から切り出した方がいいかもしれません。

どれくらいの費用を考えているのか、不妊治療に対してどんな考え方をもっているのかなどを、しっかりと医師に伝えて相談してみましょう。

「もっと早く体外受精をすれば良かった」と後悔しないようにしましょう。

不妊治療のやめ時

不妊治療を受けていると、生理周期が終わるごとに、医師から「次はどうしますか」と尋ねられます。

医師から、不妊治療の「やめ時」を提案されることはほとんどありません。

確かに、不妊治療を受けに来ている患者さんに対して「もうやめましょう」とは言えないでしょう。

しかし、不妊治療をずっと続けていると、経済的な負担もどんどん大きくなっていきます。

体外受精を何回も繰り返していると数百万円、場合によっては1,000万円近くの金額になることもあります。

「もう一回チャレンジしたら、今度こそは」という想いで、不妊治療を続けていきますが、それが生活自体に影響を与える程の経済的な負担にならないようにしたいものです。

あらかじめ、不妊治療のやめ時を考えておくことも大切なことです。

妊娠力を低下させない

妊娠力を低下させないようにすることも、不妊治療するに当たってはとても大切なことです。

今では妊婦の定番となった感がある「葉酸サプリ」を飲んだリ、バランスのよい食事をして、適度の運動をするなど、日頃から妊娠力を低下させないということを意識しておきましょう。

葉酸は妊娠前から十分に摂取!葉酸の妊婦への効果とは?

特に、30歳を過ぎると、妊娠力がどんどん低下していくので、不妊治療をしても妊娠にまで至らない可能性が高くなります。

その大きな原因として、「卵子の老化」が挙げられます。

このページの前半の「卵子の老化対策」の章でも書いていますが、卵子が老化すると、卵子内のミトコンドリアも老化して変異を起こし、卵子へのエネルギーの供給が十分に行われず、結果として卵子の質が低下して、妊娠の確率が低下するといわれています。

ミトコンドリアを活性化させる成分として注目されている「イースタティックミネラル」を摂取することも、妊娠力を低下させないための対策の一つといえます。

イースタティックミネラル配合『ミトコア300mg』

~・~・~・~・~・~・~

30代も後半に入ると、妊娠できる時間も限られてきます。

不妊治療は、できるだけ早く始めるのに越したことはありませんが、不妊治療をするかどうか迷っている場合でも、赤ちゃんがほしいと思った段階で、妊娠力を低下させないための努力は必ずするようにしましょう。

いざ不妊治療を始めるとなった場合でも、妊娠力が低下していては、満足できる結果にならない可能性が高くなってしまいます。