高齢出産を願う

高齢出産の妊活中にやってよかったこと

わたしは36歳で妊娠し、37歳で第一子を出産しました。

妊活歴は約3年です。

最終的には不妊治療で子供を授かりましたが、妊活中にやってよかったこと、気をつけたことなどをお伝えします。

妊活中にやってよかったこと

妊活中にやってみてよかったことは、冷え性改善です。

社会人になって運動をしなくなったこともあり、冷え性になっいましたが、ずっと気にしないようにしてきました。

しかし、妊娠を希望するようになって一念発起。

まずは、体を冷やすことは避けることから取り組みました。

・温野菜を食べて、冷たい飲み物は飲まない
・夏は熱いものはつらいので、常温で飲む
・お風呂はシャワーだけでなく、夏でも湯につかる
・通勤時、駅まで歩く(15分ほど)
・夏でも極力靴下を履く
・クーラーに頼らない
・漢方を飲む(漢方薬局で処方)

などのことをはじめました。

漢方薬局に通っていて、基礎体温のグラフから「低温期から高温期への上がり具合が弱い」「高温期の持続が弱い」「基礎体温自体が低い」という診断を受けていたので、上記の内容を意識しました。

すぐに結果が出るわけではなかったですが、毎月少しずつ基礎体温も改善され、それにあわせて冷え性も改善されていきました。

出産後には冷え性が復活するだろうと思っていましたが、足先が冷えると感じる日は少なくなったように思います。

妊活中だけではなく、今でも、漢方を飲むこと以外は意識しています。

スポンサーリンク

ネットの妊活情報に振り回されない

次に、気をつけたことですが、インターネットの妊活情報に振り回されないということです。

妊活2年目までは、常にインターネットで子作りについて調べていました。

寝ても覚めてもインターネットでした。

スマホで検索することに集中しすぎて、夜更かしは当たり前という生活になってしまいました。

生理がくれば落胆し、何がいけないのか再びインターネットで調べる。

こんなことの繰り返しでした。

調べた内容が主人にも関係すれば、それをお願いしたりもしていました。

また、妊娠できるためには何がいいのかも調べ、サプリを飲んだり、妊娠しやすくなるという食べ物があればそれを摂取したり、最後には神頼みということで神社を巡ったりと、インターネットの妊活情報にかなり振り回されていました。

最後には、調べている自分に疲れ、精神的にも疲れきってしまい、妊娠に向けての体作りをしているはずなのに、結局は精神的にも肉体的にも疲れた毎日を送っていました。

今から思えば、本末転倒なことをしてしまっていたと思います。

3年目からは、ネットに振り回される生活をやめ、あまり深く考えないように意識しました。

それがよかったのかどうかはわかりませんが、約1年後には妊娠することができました。

妊娠にはストレスは一番のマイナス要素だと思います。

高齢出産だとなおのことだと思います。

振り返ると、そのストレスを私自身で作り出してしまっていたと反省しています。

高齢出産だからと、いろいろなことを試したくなったりしてしまいますが、やはり心穏やかに、健康的な体作りをすることが一番大切だと思いました。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする