高齢出産を願う

高齢出産にあたって気をつけたこと

結婚が遅いと、やっぱり高齢出産になる?

37歳、自分自身の誕生日の目前で出産しました。

いわゆる高齢出産です。

そんな私が結婚したのは33歳。

その当時の私は、妊娠そのものを舐めていました。

避妊をやめればすぐに妊娠できる、そう思い込んでいたのです。

初めての妊娠は残念ながら流産、その後は妊活に励んだものの、なかなか妊娠することは叶いませんでした。

やはり30歳を超えてからの結婚は、高齢出産になる可能性が高くなります。

また、生理が毎回きちんと来ていても、妊娠できる状態とは限りません。

妊娠を望んでも、すぐに妊娠できるわけではないのです。

スポンサーリンク

妊娠するために私が始めたこと

・葉酸サプリを飲むこと(妊活の基本!)(妊娠前・妊娠中に大切な「葉酸」とはどんな栄養素?妊婦にどんな効果がある?
・体を温めること(薄着をしない。冷たい飲み物より温かい飲み物を飲む。)

最近なんだか体の調子がいいな、と感じた時に妊娠することができました。

やっぱり、体調がいい時のほうが妊娠しやすいようです。

高齢だからこそ妊娠中にすべきこと

もちろん妊娠中の体調にもよりますし、「医師との相談の上」が前提になりますが、ズバリ「運動」です。

無理のない程度に、ただひたすら歩くことをおすすめします。

というのも、若い頃と違って体力がかなり落ちているからです。

子供が生まれると、ひたすら続く寝不足、立って抱っこの延々スクワット・・・、体力がないと乗り切れません。

妊娠中に体力は絶対つけておくべきです。

本音を言うならば、妊娠前から体力をつけておくべきです。

子供が生まれてから、絶対に役立ちます。

妊娠中にやっておけばよかった、と後悔していること

会陰マッサージと乳頭マッサージは、臨月になったら真面目にやるべきでした。

出産予定日あたりまで、その辺を刺激するのがなんとなく怖くて・・・避けていたら、会陰はさっくりと切られ、おっぱいはまともに出ず、すごく苦労しました。

出産から2年経った今でも後悔しています。

いざ出産!用意は周到に

普段落ち着いていると言われている私ですが、実際の出産となるとさすがにテンパりました。

忘れ物です。

飲み物を飲みながら、という体験談をよく見かけたので、ペットボトル用のストローを用意していましたが、忘れてしまったのです。

そうは言っても、多分私の場合は飲んでいる余裕なかったと思うので、いいといえばいいのですが・・・。

忘れ物がないに越したことはありません。

入院用の荷物の中身を今一度チェックしましょう。

無事出産

陣痛の痛みは、ホントものすごく痛です。

でも、実際は「無事に産まれてきて・・・」という気持ちが大きくて、そこまで痛いと思う暇がありませんでした。

お腹につけている張りや、心音がわかる装置(名前が分かりません)が警報音みたいなのを鳴らす時があって、不安で仕方ありませんでした。

無事産めた時は、心の底からホッとしたし、肩の力も抜けました。

一番大切なのは、「この子を無事産んでやる!」という強い心かもしれません。

高齢出産、頑張りました。

でもその頑張った後には、高齢育児が待っています。

そこから先は、休む暇はありません。

とにかく頑張るしかないのです。

まさか自分が高齢出産するなんて・・・、若い頃は考えてもみませんでしたが、頑張った自分を褒めてあげたいです。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする