高齢出産を願う

稽留流産の原因と兆候/自覚症状がないため気づきにくい

流産にはさまざまな状態があり、それぞれに名前が付いていますが、「稽留(けいりゅう)流産」もその内の一つです。

稽留流産とは、子宮内で胎児の成長が止まってしまい、死亡した状態のことをいいます。

稽留流産では、出血や腹痛などの自覚症状がないので、流産していることに気づかず、妊婦健診の超音波検査(エコー検査)で流産が確認されることがほとんどだといわれています。

スポンサーリンク

稽留流産の原因は?

流産は、全妊娠の約15%に起きるとされていますが、40歳を過ぎた高齢妊娠になると、流産の確率が高くなり、約40%になるといわれています。

稽留流産の原因は、先天的なものが最も多く、胎児の染色体などの異常のためにうまく育たないというのことが大半だといわれています。

妊娠初期の頃の仕事や運動などが原因となって流産することはほとんどないので、稽留流産になったとしても、必要以上に自分を責めないようにしましょう。

稽留流産の兆候は?

胎児の成長が止まっても、子宮内に胎盤などの組織があると、体が妊娠していると認識して、つわりが続くといわれています。

つわりが継続して自覚症状もないことから、稽留流産に気づくことは難しいといわれています。

稽留流産には、兆候がない場合も多いといわれますが、次のような場合には、稽留流産となる可能性があるといえます。

・妊娠7週頃までに胎芽が確認できない
・妊娠8週頃までに心拍が確認できない
・心拍が非常に弱い
・赤ちゃんの成長が極端に遅い

しかし、これらに該当するからといって、全てが稽留流産になるわけではありません。

胎児の成長や大きさには個人差があり、平均的な成長の状態から外れてしまうことも珍しいことではありません。

「基礎体温の低下」は、稽留流産と関係ある?

妊娠初期の頃に基礎体温が下がると、稽留流産を疑う人もいます。

妊娠すると、黄体ホルモンが活発に分泌されるようになるので、妊娠12~14週くらいまでは、基礎体温が高い状態が続くので、この時期に稽留流産になると、体温が下がると思われているからです。

しかし、実際のところは、稽留流産の状態になっても、黄体ホルモンは分泌され続けるので、基礎体温が下がるということはないといわれています。

基礎体温が低い状態が続く場合には、稽留流産ではなく、黄体機能不全など黄体ホルモンの分泌に異常があることも考えられます。

また、胎盤が完成して、黄体ホルモンの分泌が抑えられて、基礎体温が下がることもあります。

通常なら、妊娠16週前後に胎盤が完成されるとされていますが、11~15週の早い段階で胎盤が完成する場合もあります。

基礎体温の低下は、稽留流産には直接関係ないとされていますが、妊娠初期に基礎体温が低い状態が続く場合には、婦人科を受診するようにしましょう。

「つわりの症状がなくなる」のは、稽留流産と関係ある?

稽留流産では、最初あったつわりの症状がなくなる場合もありますが、最初からつわりがない場合もあるといわれます。

また、稽留流産後もつわりが続くという場合もあるようです。

つわりの症状は、人によって様々なので、必ずしも「つわりがない=稽留流産」というわけではないということになります。

「つわりがないから流産するかもしれない」と、不安やストレスを抱えていることが、逆に、妊娠中の体に負担をかけてしまうことにもなりかねません。

妊娠した女性の2~3割の人は、「経度のつわり」または「つわりなし」だったといわれています。

つわりがなくて、どうしても心配な場合は、医師に相談してみましょう。

「茶褐色のおりもの」や「軽い下腹部の張り」は、稽留流産と関係ある?

稽留流産の兆候として、「茶褐色のおりもの」や「軽い下腹部の張り」などが挙げられます。

しかし、これらの症状が、異常の兆候であることは少ないともいわれています。

茶褐色のおりものは、胎児が成長するときに、子宮内にある毛細血管が傷つけられて出てきた血が、おりものと一緒に排出されることがあります。

茶褐色のおりものが出た場合でも、異常ではないことが多いといわれますが、全く問題がないとは言い切れず、心配する気持ちがストレスになってしまうこともあります。

少しでも気になる症状がある場合は、産婦人科で相談してみるようにしましょう。

診察してもらった結果、何ともなくて安心できる場合もありますし、異常を早く発見できる場合もあります。

「出血」や「下腹部の痛み」は、稽留流産と関係ある?

稽留流産の状態で2週間位経過すると、出血や下腹部の痛みなどの症状が現れてきますが、稽留流産をそのまま放置しておくと、進行流産に移行していきます。

茶褐色の出血が鮮やかな赤色の出血に変わっていって、出血量も大量になっていきますが、放置しておくと、母体の命に関わることもあるといわれています。

鮮やかな赤色の出血や、強い下腹部の痛みを感じた場合は、迷わずに産婦人科を受診するようにしましょう。

稽留流産と診断されたら

稽留流産となると、残念ですが妊娠を続けることはできなくなるので、子宮内の胎児や組織を取り出す手術(子宮内容除去術)をするのが一般的です。

自然に胎児が母体の外に出てくるのを待つこともありますが、放置しておくと進行流産に移行して、強い腹痛と大量の出血で危険な状態になることもあるので、稽留流産が見つかった1週間後くらいには、手術で取り出すかどうかを判断する必要があります。

「自然に任せたい」と自然流産を選択する人もいますが、医師とよく相談をして、なるべく体に負担がない安全な方法を選ぶようにしましょう。

手術は、局部麻酔または全身麻酔で、10分程度の短時間ですむことがほとんどだといわれています。

稽留流産後、次の妊娠はいつから大丈夫?

手術を受けた場合には、自分でトイレに行けるようになったら退院という場合が多いといわれます。

退院した後も、体の回復のために1~2週間くらいは安静にしておいた方がよいでしょう。

手術後に出血があっても、1週間ほどで治まることがほとんどですが、だらだらと出血が続いたり、大量に出血するような場合にはすぐに産婦人科を受診しましょう。

次の妊娠については、基本的には次の生理が正常に始まれば妊娠は可能になりますが、稽留流産後には、体の状態が赤ちゃんの育つ環境に整うまでには数カ月かかるといわれているので、半年くらい待ってからにするのが望ましいといわれています。

ただ、これには個人差があり、体の回復の度合いにもよるので、主治医にきちんと相談してから進めるようにしましょう。

稽留流産の予防法は?

稽留流産は、胎児の側に問題であることが多いので、母体側でできることはごく限られているといわれますが、ウォーキングなどの「適度な軽い運動」をして血行を促進することが、予防につながるともいわれています。

毎日数十分程度歩いたり、掃除や洗濯などの家事で積極的に体を動かすことは、おすすめです。

適度に体を動かすことは、血行の促進やストレスの解消にも効果があります。

血行が良くなれば、子宮組織の代謝も良くなり、胎児が育ちやすい体の環境が整うので、結果的に稽留流産の予防にもつながるというわけです。

ただ、妊娠初期に体に負担をかけるのは良くないので、重いものを持ったり激しい運動をしたりするのは避けるようにして、あくまでも「適度」の運動を心がけましょう。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする