高齢出産を願う

高齢で妊娠するにはどんなことが効果的?/ポイントになる6つの行動

女性の妊娠力は、30歳を過ぎた頃から次第に低下しはじめて、30代後半になると急速に低下していくといわれていて、妊娠する確率は、30代前半では25%程度、30代後半で18%程度、40代になると5~1%程度にまで低下するといわれています。

30代前半で25%の確率があるのなら、排卵日を把握して妊活すれば妊娠できるだろうと思うかもしれませんが、なかなかうまくいかないのが高齢妊娠の難しいところです。

また、加齢によって卵子が老化していくと、卵子の染色体の異常が増え、卵子そのものの生命力も低下するので、流産率も30代後半になると急速に高くなっていきます。

加齢による卵子の老化は止めることが出来ないので、高齢になってから妊娠を考える際には、できるだけ早く妊活を開始した方がよいというわけです。

高齢になってから妊娠をしたいと思ったら、一日でも早く妊活を開始することが大切です。

スポンサーリンク

高齢になると妊娠しにくくなる

子宮や卵巣の機能は、加齢によって働きが弱くなり、老化していくといわれています。

30代後半になると、卵子の質も低下しホルモンのバランスも乱れがちになるので、妊娠しにくい状態になります。

赤ちゃんは、結婚すれば自然にできるものだと思っている人も多いようですが、高齢になるほど自然妊娠は難しくなっていきます。

高齢妊娠がしにくい原因

高齢妊娠がしにくい最も大きな原因は「卵子の老化」ですが、他にも「生理不順」「高温期が短い」「子宮内膜が薄い」「排卵日に性交渉をしていない」「子宮筋腫」「子宮内膜症」「極端な肥満・やせ」なども原因として挙げられます。

子宮筋腫や子宮内膜症に関しては、まずは専門医に診てもらうことが重要です。

病気そのものが妊娠の妨げになっている場合もあります。

また、極端な肥満や痩せが、ホルモンのバランスを狂わせて、生理不順になったり無排卵になったりしていることもあります。

適切な体重になるように、積極的に体を動かしたり食生活を見直したりすることも大切です。

高齢妊娠に向けての6つの行動

結婚をして普通に妊活をしていれば、赤ちゃんはいつか自然にできるものだと考えていて、いつの間にか妊娠のタイミングを逃してしまうという人も少なくありません。

結婚するのが遅く、妊娠を考えた時が35歳を超えているようなら、高齢妊娠に向けて積極的な行動をすることが大切になります。

妊娠できる期間は限られているので、少しでも早く妊娠を意識した行動をとることが重要です。

また、「妊娠しやすい体づくり」を心がけるとともに、出産に向けて体力をつけておくことも大切です。

高齢での妊娠・出産は、若い人に比べて、体力的にもかなり大変になり、出産後には赤ちゃんの世話も待っています。

妊娠を考えたその日から、妊娠・出産に向けて積極的な行動を始めるようにしましょう。

1.基礎体温で排卵のチェックをする

30歳を過ぎると妊娠する可能性がどんどん低くなるので、高齢での妊娠を望む女性にとっては、少しの時間も無駄にできないというのが実際のところです。

基礎体温をつけてみて、体温が2層に分かれていれば、ひと先ずは安心です。

体温がぐっと下がる頃に排卵するので、サイクルをしっかりと把握して、そのタイミングで妊活するようにしましょう。

また、高温期が、きちんと2週間以上あるかをチェックもしておくことも大切です。

適度な運動を習慣にすることで体温をアップするようにすれば、高温期を長期に保ちやすくなります。

ウォーキングなどの有酸素運動は体力づくりの面からも良く、筋肉トレーニングなどで筋力をアップさせれば、代謝が向上して体温のアップが期待できます。

2.高温期を充実させる栄養素をしっかり摂取する

高齢で妊娠するには、高温期をいかに充実させるかということが、重要なポイントになります。

妊娠しやすい身体に整えるのに重要とされる栄養素は、特に意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、妊娠力に直結するとされるビタミンで「妊娠ビタミン」ともいわれるくらい、妊活には大切な栄養素です。

理由は、ビタミンEが、強い抗酸化作用と自律神経のバランスを整える作用があるからです。

ビタミンEを十分に摂取することで、血流が改善され、ホルモンバランスが整って、卵巣の機能や卵子の質が回復するとされています。

このため、「妊娠ビタミン」とまでいわれているわけです。

成人女性の1日のビタミンEの推奨摂取量は6.0mgとされていますが、妊婦の場合は6.5mg、授乳期の場合は7.0mgとされています。

ビタミンEを多く含む食品には、次のようなものがあります。

いくら:9.1mg/100g
うなぎ:7.4mg/100g
落花生:7.2mg/100g
たらこ:7.1mg/100g
モロヘイヤ:6.5mg/100g
かずのこ:5.1mg/100g
赤ピーマン:4.3mg/100g
パセリ:3.3mg/100g
アボガド:3.3mg/100g

脂溶性であるビタミンEを摂り過ぎると、骨粗しょう症を起こす危険があるともいわれていますが、通常の食事で過剰摂取になる心配はほとんどないといわれていて、妊娠に当たっては、積極的に摂取するようにするのが良いとされています。

意識してビタミンEを摂取するようにしましょう。

葉酸

葉酸は、妊娠時には欠かせない栄養素であるとともに、お腹の赤ちゃんのためにも必要な栄養素です。

特に妊娠前から妊娠初期までの間には、不足しないようにしっかりと摂取したい栄養素です。

葉酸には、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減する働きのほか、流産、ダウン症、染色体異常のリスクを軽減する働きがあることも確認されています。

さらには、子宮内膜の環境を整えて着床しやすくする効果も期待できるといわれているので、上記のリスク軽減に加えて、より妊娠しやすい状態にするということからも、十分な葉酸の摂取が大切になります。

葉酸を含む食品としては、ホウレン草、ブロッコリー、アスパラなどが挙げられますが、食品からだけでは必要量を摂取することは難しいので、厚生労働省も、妊娠を計画している女性は、1日400μg(0.4mg)の葉酸を、栄養補助食品(サプリメント)から摂取することに言及しています。

最も葉酸の摂取が必要な時期は、妊娠前1ヶ月~妊娠後3ヶ月までといわれますが、妊娠に気づくのは、早くても妊娠後2ヶ月を過ぎてからということがほとんどなので、妊娠を意識したら、葉酸を積極的に摂るようにしたいです。

妊娠に当たっての葉酸の重要性については、妊娠前・妊娠中に大切な「葉酸」とはどんな栄養素? > をご覧ください。

スポンサーリンク

3.卵子の老化を防ぐ

卵子の元は、胎児の時に作られていて、それ以降は作られることがないので、卵子も加齢と共に老化していきます。

卵子が老化していけば、着床できる可能性が低くなっていき、受精に失敗する可能性が高くなっていきます。

高齢での妊娠が難しくなる、一番大きな原因が「卵子の老化」だといわれています。

卵子が老化すると、卵子の中にあるミトコンドリアが老化して変異を起こすことが分かっています。

ミトコンドリアが変異してしまうと、卵子へのエネルギーの供給が十分に行われず、卵子がうまく育っていかなくなるため、妊娠する確率が低くなってしまうと考えられています。

ミトコンドリアを活性化させることができれば、卵子の質を下げずにすむということから、ミトコンドリアを活性化させることに取り組んでいる病院もあります。

ミトコンドリアを活性化する

ミトコンドリアを活性化させて卵子の老化を防ぐことができれば、高齢になっても妊娠する確率を下げずにすみます。

ミトコンドリアを活性化させるためには、次のようなことをすべて合わせて行うと良いといわれます。

・栄養バランスの良い食事をする
・食べ過ぎない(腹八分目)
・適度な有酸素運動をする
・姿勢を良くする
・ミトコンドリアを活性化させる成分を摂る

どれか一つではなく、すべて合わせて行うことが大切です。

すでに作られている卵子の元やその中に存在しているミトコンドリアは、時間の経過と共に老化し、減少していくので、妊娠したいと思ったら、できるだけ早く行動を起こす必要があります。

ミトコンドリアの機能を改善・回復して活性化させるには、「イースタティックミネラル」という成分が注目されていますが、イースタティックミネラルが摂取できるサプリメントもあります。

生活習慣の改善に加えて、ミトコンドリアを活性するサプリメントを飲むことで、細胞内のミトコンドリアが活性化しやすくなり、卵子が老化することを防ぎ、妊娠力がアップすることが期待できます。

高齢になると、妊娠できる時間が限られているということは間違いのないことなので、妊娠しやすくなる可能性があることについては、積極的に取り入れていくという姿勢が大切です。

サプリメントなら、薬のような副作用を心配せずに、安心して飲むことができます。

イースタティックミネラル配合『ミトコア300mg』

4.栄養バランスの良い食事と適度な運動をする

妊娠したいと思っても、体調が悪かったり精神的に不安定な状態だと、妊娠もしにくくなってしまいます。

高齢になってから健康的に妊娠をするためにも、軽いウォーキングや体操などで毎日適度に体を動かして血行を良くし、体力や筋力をつけるよう心がけましょう。

全身の血流がよくなれば、卵巣や子宮にもよい影響を与えます。

食事は、野菜や魚を中心にして、栄養バランスの良い食事を3食きちんと食べるように心がけましょう。

脂質や糖質を摂りすぎると、生活習慣病や肥満につながり、妊娠にも悪影響を与えるので、特に注意が必要です。

生活習慣病や肥満の人が妊娠すると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすリスクが高くなります。

これらの病気になってしまうと、出産の際に深刻な事態を招くことにもなりかねないので、食事のメニューはそれまで以上に気をつけるようにしましょう。

5.婦人科検診を受ける

高齢になってから妊娠をしたいと思ったら、まずは産婦人科で婦人科検診を受けてみましょう。

高齢になると子宮や卵巣の病気にかかりやすくなっています。

病気に気付かないまま妊娠した場合には、赤ちゃんを諦めなくてはならなくなることもあります。

卵巣の病気は30代前半から、子宮の病気は30代後半から発症しやすくなるという、厚生労働省の統計もあります。

妊活を始める前にきちんと診てもらって、安心して妊活に臨むようにしましょう。

産婦人科を選ぶ

婦人科検診を受ける産婦人科は、妊娠・出産のことも考えて選ぶことが大切です。

産婦人科での基本的な検診は、ほとんどが初診時に行われます。

検診は近くの医院でいいと適当に選んで、実際に妊娠した時には別の病院にかかるとなると、また最初から検査をやり直すことになってしまいます。

また、最初から同じ病院で診てもらった方が、医師とのコミュニケーションも上手くいき信頼感も増していきます。

高齢妊娠では、リスクが高くなることも多いので、地域の周産期医療センターなどにかかっておけば、何かあった時にも安心です。

6.心の準備をする

高齢になると妊娠しづらくなりますが、妊娠できたとしても途中で胎児に先天的な異常があるという診断を受けたり、流産などの危険に見舞われることもあります。

これらのリスクは、あらゆる年代での出産で起こり得ることですが、高齢出産の場合には確率が高くなってしまいます。

何らかのアクシデントが起きた場合に、「高齢だから」と悲観的になって、それが体調に悪影響を与えることもあります。

いろいろなリスクに関する情報を集めておいて、いざというときにはどうすればいいのか、どんなケースがあるのかなどをあらかじめ知っておくことが、母体の安心感につながり、精神的なリスクを減らすことにも役立ちます。

高齢出産に当たっては、母となるための強い心を育てることも大切になります。

それでも妊娠できない、考えられる原因は?

高温期が続かない(黄体機能不全)

なかなか妊娠できないのは、黄体機能不全だからかもしれません。

高温期は黄体期と呼ばれていて、黄体ホルモン、プロゲステロンが分泌され、子宮内膜を厚くして着床しやすい状況が作られます。

黄体ホルモンの分泌が不足していると高温を保つことができず、高温期が続かない状態になります。

一度産婦人科を受診してみましょう。

診断によっては、プロゲステロンの服用を勧められることもあります。

生理が不規則(早発閉経)

生理の周期が不規則で、基礎体温もバラバラになっているような場合には、早発閉経ということも考えられます。

ホルモンバランスが崩れているだけなら、休息などで治ることもありますが、早発閉経の場合はそういうわけにはいきません。

高齢妊娠を目指す際には、不規則な生理は見過ごせないことです。

速やかに産婦人科を受診しましょう。

~・~・~・~・~・~・~

高齢になれば、体に不調が起きやすくなったり、体の機能が低下することは避けられないことです。

高齢妊娠の準備として、まずは自分の体をチェックして、自分の体のことをよく知ることから始めましょう。

高齢妊娠にはさまざまなリスクがあるということも事実ですが、何の問題もなく元気な赤ちゃんを出産する人も多くいます。

妊娠を意識して健康な状態を保ちながら毎日の生活をおくることが、高齢になってもスムーズに妊娠できることにつながります。


スポンサーリンク

おすすめ記事と広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする