高齢出産を願う

子宮外妊娠はいつわかる?注意したい自覚症状と原因

妊娠初期は、いろいろなトラブルが起こりやすい時期ですが、子宮外妊娠もそのうちの一つです。

子宮外妊娠

本来、受精卵は子宮内膜に着床しますが、子宮外妊娠では、何らかの原因で、受精卵が卵管内などの子宮内膜以外の場所に着床してしまいます。

子宮外妊娠は、正式には「異所性妊娠」と呼ばれますが、全妊娠の1~2%程度の確率で発症するといわれています。

子宮外妊娠の場合、受精卵が着床する場所は、90%以上が卵巣と子宮をつなぐ「卵管」といわれていますが、腹膜、卵巣、子宮頸管などに着床することもあります。

正常に子宮内膜に着床した場合、胎児の成長に合わせて子宮も伸びていくために妊娠が継続していきますが、子宮外妊娠の場合は、卵管や卵巣に、胎児に合わせて器官が収縮する機能は備わっていないので、妊娠を継続していくことはできません。

そのまま子宮外妊娠を放置していると、卵管が破裂するなどして、危険な状態に陥ってしまうこともあるので、早期に発見して対処することが大切です。

子宮外妊娠でも、正常な妊娠と同じように「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが分泌されるようになるので、妊娠検査薬を使えば陽性反応が現れます。


子宮外妊娠を起こしやすい人

子宮外妊娠は、誰にでも起こり得ますが、次のような人は、発生する確率が高いといわれています。

・体外受精などの胚盤胞移植による妊娠の人
・腹部の手術を受けたことがある人
・性感染症にかかったことがある人
・子宮内膜症の人
・人工中絶をしたことがある人
・子宮外妊娠をしたことがある人

子宮外妊娠の原因

子宮外妊娠となる原因には、大きく分けて3つの原因があると考えられています。

卵管の問題

卵管は、受精卵が卵巣から子宮まで運ばれるときに通る管です。

子宮内膜症、性感染症、腹部の手術などの経験がある人は、卵管内や卵管の周りの器官が癒着をおこしている場合があります。

卵管内や卵管の周辺に癒着があると、受精卵が卵管をうまく移動できずに、卵管内で着床してしまう可能性が高くなります。

受精卵の輸送の問題

卵巣から出ていった受精卵は、本来なら、卵管内に取り込まれて卵管を通って子宮に向かっていきます。

しかし、何らかの原因で、受精卵が卵管内に取り込まれずに腹腔内に排出され、腹腔内や卵巣の外側に着床してしまうことがあります。

また、体外受精で子宮内に胚盤胞移植する際に、受精卵が子宮体部を通り越して卵管内に着床したり、子宮頸部に着床したりすることもあります。

子宮の問題

過去に、人工妊娠中絶や子宮鏡下手術などの経験がある場合は、炎症などによって子宮内の環境に何らかの変化が起っていて、受精卵が子宮内膜に着床できないこともあります。

子宮外妊娠の症状

子宮外妊娠は、初期段階では特に自覚症状がないため、正常な妊娠との見分けがつきにくいといわれています。

生理がなくなり、妊娠検査薬での陽性反応が現れ、ホルモンバランスが変化するため、「つわり」や「胸の張り」などを感じることもあります。

初期の頃には、正常な妊娠と同じような症状が現れます。

その後、週数が進んで受精卵が発育していくと、「ピンク色のおりもの」「少量の不正出血」「下腹部の痛み」などの症状が現れるようになり、さらに週数が進むと、出血量が増えて、下腹部の痛みも強くなっていき、卵管が破裂して突然激しい腹痛に襲われることもあります。

腹腔内で大量に出血すると、腹部に血液がたまって、激しい腹痛に加えて出血性のショック状態に陥り、命に危険が及ぶこともあります。

子宮外妊娠が重症化すると、命に関わることもあるので、妊娠の可能性を感じたら、早めに産婦人科を受診するように心がけましょう。


子宮外妊娠はいつわかる?

上記の「ピンク色のおりもの」「少量の不正出血」「下腹部の痛み」などの症状は、妊娠6週目頃から現れやすくなりますが、正常な妊娠でもこのような症状が現れ、生理時の症状にも似ていることから、生理と勘違いする人も少なくありません。

生理痛か子宮外妊娠の下腹部の痛みかを見分けるには、「痛みが継続する期間」が一つのポイントになります。

通常、生理痛は1日目・2日目が痛みのピークで、それ以後は痛みは次第に治まっていきますが、子宮外妊娠の場合は、3日目以降も下腹部の痛みが続き、その痛みは日を追うごとに強くなって行きます。

出血が長く続くような場合や基礎体温が下がらない場合にも、市販の妊娠検査薬で確認するなどして、陽性反応があれば、できるだけ早く産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠6週目以降なら、正常な妊娠であれば、超音波検査で子宮内に胎嚢を確認することができるので、胎嚢が確認できない場合には、子宮外妊娠の可能性があります。

子宮外妊娠で7~8週が経過すると、受精卵が大きくなりすぎることで、卵管が破裂して大量に出血し激しい腹痛に襲われ、命に関わるような状態になることもあるので、早期に見極めることが肝心です。

子宮外妊娠の検査

子宮外妊娠でも、妊娠検査薬を使うと、正常な妊娠と同じように陽性を示します。

子宮外妊娠では、早い段階で自然流産する場合もありますが、そのまま妊娠が進んで行くと命に関わるような状態になることもあります。

子宮外妊娠を見分けるための検査には、どのような検査があるのでしょうか。

超音波検査(エコー検査)

正常な妊娠か子宮外妊娠かを見分けるためには、子宮内に胎嚢があるかどうかを確認する必要があります。

この時の検査には、被曝の危険があるX線検査ではなく、安全性が高い超音波検査(エコー検査)が行われます。

胎嚢は、早い場合だと妊娠5週目頃、遅い場合でも妊娠6週目には確認できるといわれています。

超音波検査で子宮内に胎嚢が確認できれば、子宮外妊娠の可能性はなくなります。

しかし、正常な妊娠であっても、胎嚢が小さすぎて確認できないという場合もあるので、この時期に胎嚢が見えないということでけで、子宮外妊娠が確定するわけではありません。

hcg検査

超音波検査で子宮内に胎嚢が確認できなかった場合には、血液中のhcgというホルモン値を測定する「hcg検査」が併せて行われるのが一般的です。

hcg値は、正常な妊娠の場合には妊娠10週目くらいまでに急増します。

しかし、このhcg値が減少したり、増加しないような場合には、子宮外妊娠や流産の可能性が高くなります。

正常な妊娠の場合は、子宮内に胎嚢が確認されることで診断が確定しますが、子宮外妊娠は、複数の検査を組み合わせることで診断されることになります。

まとめ

子宮外妊娠は、発症率はそんなに高くはありませんが、誰にでも起こる可能性があります。

初期の頃には、目立った症状がほとんどないので、知らずに知らずのうちに危険な状態になってしまうこともあります。

子宮外妊娠は、早期に発見することができれば、深刻な状態になることを避けることができます。

妊娠検査薬を使うなどして、妊娠の陽性反応が出たら、早めに病院を受診することを心がけましょう。

正常な妊娠であれ子宮外妊娠であれ、まずは、自分の状態を正確に把握することが大切です。