高齢出産を願う

流産しやすい時期はいつまで?妊娠初期の流産の兆候・症状と過ごし方は?

妊活の甲斐あって妊娠できたら、次に不安になるのが流産のことです。

全年齢を通した流産のリスクは15%前後ですが、35歳以上の高齢妊娠の場合には、流産の確率は20%程度になるといわれています。

高齢妊娠の場合には、5人に1人が流産してしまっているという計算になります。

流産はとても悲しいことですが、決して珍しいことではありません。

妊娠中に無理をすることが良くないのは当然のことですが、流産の原因は「無理をする」ことよりも「母体や胎児に妊娠を続けることができない理由がある」ことの方が多いとされています。

特に高齢妊娠では卵子が老化しているために、流産をはじめとしたトラブルが起こりやすくなるといわれています。

流産

流産とは、妊娠22週より前に妊娠が終わることで、「自然流産」「人工流産(人工妊娠中絶)」とがあります。

自然流産では、妊娠12週までに起こる「初期流産」の割合が多く、流産全体の80%以上を占めるといわれています。

初期流産の中でも、妊娠6週までに起こる流産の割合が特に多く、65%程度を占めるとされています。

よく「超音波検査で胎児の心音が確認できれば一安心」といわれますが、これは、胎児の心音が妊娠6~7週頃には確認できるようになるので、心音が確認できれば、流産の一つの壁「妊娠6週」を乗り越えたと考えられるからです。


流産の原因

妊娠初期の流産の原因として最も多いのは、「受精卵の染色体異常」だといわれています。

染色体に異常があることで、受精卵がそれ以上育っていくことができずに流産になってしまうのです。

染色体異常の場合は、受精した時点で流産になることが決まっていることがほとんどです。

流産は、「胎児側に原因がある場合」と「母体側に原因がある場合」がありますが、受精卵の染色体異常は、胎児側に原因があるということになります。

妊娠初期の流産は、受精卵の染色体異常を始めとして、胎児側に何らかの原因があることがほとんどで、母体側に原因があることは少ないとされています。

受精卵の染色体異常が原因で流産となる割合は、自然流産の70%程度といわれていますが、この場合には、どんなに日々の生活に気をつけていても、流産を防ぐことはできないといわれます。

初期流産になる、胎児側、母体側の原因には次のようなものがあります。

胎児側の原因

・染色体異常
・遺伝子病 など

母体側の原因

・子宮の異常(子宮筋腫、子宮内膜症など)
・黄体機能不全
・内分泌疾患
・感染症(クラジミア、ヘルペス、トキソプラズマなど)
・体の冷え
・喫煙
・ストレス など

「猫を飼うと、流産する」といわれたりもしますが、これは、猫からトキソプラズマに感染することがあるからです。

猫を飼っている場合は、要注意です。

しばらくはどこかで預かってもらった方がいいかもしれません。

自然流産の兆候・症状

自然流産の兆候・症状としては、次のようなものが挙げられます。

・不正出血
・腹痛
・腰痛
・お腹の張り
・胸の張りがなくなる
・つわりが急に軽くなる など

これらの症状があれば必ず自然流産になるというわけではありませんが、吐き気や嘔吐などのつわりの症状が突然なくなって流産に気づくということもあるといわれます。

妊娠初期の流産では、「少量の不正出血」「お腹の張り」「腹痛」などの症状が出て、診てもらったら、胎児の心拍が確認できなかったというケースが多いですが、妊娠初期の胎児は非常に小さいために、その出血が流産だということに気がづかないということも少なくないといわれています。

「流産=お腹の痛み」と思われがちですが、初期流産では、痛みをともなわずに不正出血をして流産してしまうこともあります。

痛みがなくても、不正出血があったら産婦人科を受診するようにしましょう。

流産の状態

流産は、子宮口が開くことで始まりますが、出血があり、子宮口が開いた流産の状態は「進行流産」と呼ばれます。

まさに、流産が進行している状態のことです。

この後、胎児を含め、子宮内の物が全部排出されれば「完全流産」、全部または一部が子宮内に残ると「不完全流産」となります。

不完全流産の場合には、子宮内除去手術が行われることが多くなります。

流産しやすい時期

流産しやすい時期は、妊娠12週頃までといわれていて、この時期に起こる流産が、流産全体の80%以上を占めるといわれています。

中でも、妊娠6週までに起こる流産が特に多く、全体の65%程度を占めるとされています。

流産は、安定期に入るまでは、いつ起こってもおかしくないものだと考えておくといいでしょう。

不正出血や腹痛など、上記の流産の兆候の症状が見られたら、できるだけ早く病院で診てもらうことが大切です。

35歳以上になると流産の確率が高くなる

流産は、全妊娠の15%程度の確率で起こるとされていますが、35歳以上になると流産する確率が高くなり、35歳以上で20%程度、40歳以上になると40%程度になるとされています。

40歳以上になると、流産する確率が、全体平均の2.5倍以上に高くなるということになります。


流産しやすい時期の過ごし方

自然流産は、受精卵の染色体異常が原因になっていることが多いので、妊婦の努力で予防することは難しいといわれていますが、切迫流産から流産に至るようなケースでは、無理をせず流産のリスクを最小限に止めるような過ごし方をすることで、流産を防げる場合もあります。

不正出血とともに腹痛があるときには、切迫流産の可能性があります。

切迫流産は、流産ではなく「流産しそうな状態」のことなので、治療によって正常な妊娠に戻すことが可能です。

不正出血や腹痛があるときには、すぐに病院を受診するようにしましょう。

また、流産のリスクを低くするため、普段の過ごし方の中で、妊婦自身ができることもあります。

「体を冷やさない」「タバコを吸わない」「ストレスを溜めない」「葉酸を摂取する」など、流産を防ぐ過ごし方を意識して、母体としての流産のリスクを最小限に抑えるように心がけましょう。

体を冷やさない

体が冷えると、子宮の筋肉が収縮して血流が悪くなります。

子宮内膜の血流が悪くなると、胎児に十分な酸素や栄養を届けることができなくなってしまうので、体やお腹を冷やさないように十分に注意しましょう。

冷え対策の一例
・使い捨てカイロ、腹巻きなどを使う。
・エアコン対策として上着を着る。
・足には靴下をはき、レッグウォーマーなどを併用する。
・温かいスープや根菜類などで体を温める。

タバコを吸わない

妊娠中の喫煙は、流産や早産の発症率を高めてしまいます。

その他にも、妊娠中の喫煙は、胎児の発育が遅延したり、生まれてきた子の知能が低くなったり、また、注意欠陥や多動性障害(ADHD)の発症率が約2倍になるともいわれています。

妊婦自身が禁煙することはもちろんですが、周りの人が喫煙している際の受動喫煙にも十分に注意しましょう。

ストレスを溜めない

妊娠中の強いストレスは、子宮収縮の原因となり、流産につながってしまう可能性があります。

特に、つわりの時期や、お腹が大きくなり始めた時期は、疲れやすく、ストレスも溜まりがちです。

睡眠を十分にとって、意識的に体を休ませるなどして、疲れやストレスを溜めないようにしましょう。

葉酸を摂取する

葉酸には貧血や動脈硬化を予防する効果があるといわれてますが、妊娠初期に十分に葉酸を摂れば、赤ちゃんの細胞の形成を正常に機能させる効果があるとされています。

葉酸を十分に摂取することで、子宮内膜が強化されて着床率が向上し、妊娠力が高まり、流産のリスクも軽減するという効果が期待できるともいわれています。

葉酸は、通常の食事からだけでは必要な量を摂ることが難しいので、特に妊娠前後には、サプリメントなどの栄養補助食品を利用して摂取することが、強く勧められています。

厚生労働省も、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすという理由から、特に妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、毎日400μgの葉酸を、食事以外のサプリメント(栄養補助食品)で摂取することに言及しています。

妊娠1ヶ月前がいつになるかというのは、はっきりとは分からないので、妊娠したいと思った時点で、十分な葉酸を摂るように心がけたいです。

食事からだけでは、十分な量の葉酸を摂取するのが難しい理由として、葉酸は「体に吸収されにくい」「熱に弱く調理すると破壊されてしまう」ということが挙げられています。

例えば、葉酸が多く含まれる野菜をたくさん摂ったとしても、調理の際に葉酸が失われてしまい基準値の量が摂取できなかったり、消化などの代謝の過程で体に吸収される量が少なくなったりして、必要な量の葉酸を摂取することが難しいといわれています。

その点、葉酸サプリメントなら、消化・吸収されやすく(サプリの場合は、8~9割が体内で有効に働くとされています。)、妊娠中に必要となるビタミンやミネラルも含まれているものも多くあります。

母体側の流産のリスクをできるだけ小さくするためにも、妊娠を意識したときから、十分な葉酸の摂取を心がけたいです。

葉酸は妊娠前から十分に摂取!葉酸の妊婦への効果とは? >

まとめ

初期流産は、染色体異常など胎児の側に原因があることがほとんどです。

特に、染色体異常が原因の流産は、受精した時点で流産になることが決まっていることがほとんどなので、妊婦の努力で回避することは難しいといわれています。

初期流産の兆候が見られても、自分を責めすぎることなく、落ち着いた気持ちで対応するようにしましょう。

初期流産は、回避することが難しいことがほとんどですが、切迫流産から流産に至るようなケースでは、妊婦自身の過ごし方や対応次第で、流産のリスクを最小限に止めて、流産を防げる場合もあります。

不正出血や腹痛など、何らかの異常を感じたら、些細なことでも、すぐにかかりつけの医師に相談することが大切です。